上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Blu-ray 【 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 ( EVANGELION:1.11) 】


▼BOX表
Blu-ray_EVANGELION_1

▼BOX裏
Blu-ray_EVANGELION_2

▼パッケージ表(デジパック) 
Blu-ray_EVANGELION_3

▼パッケージ裏
Blu-ray_EVANGELION_4

▼ディスク面
Blu-ray_EVANGELION_Disc

▼リーフレット
Blu-ray_EVANGELION_5


 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC   ビスタサイズ(1.78:1)   

【音声】

①日本語 DTS-HDマスターオーディオ 6.1ch
②日本語 ドルビーTrueHD 6.1ch
③日本語 DD 2.0ch

【字幕】
なし

【内容】
大ヒットを記録した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、新作カットを含むデジタルマスター版で待望のBlu-ray Disc!全4部作の序章的な位置づけにあたる本作では、14歳の少年・シンジが汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンリオンに乗り、正体不明の敵性存在「使徒」と戦い始める契機と、自分の暮らしや友人、街などの身近なものを認識する過程を描く。

2007年9月1日に公開され、全4部作のうち、序章的な位置づけにあたる。本作のベースとなったのは、TVシリーズのうち第壱話から第六話まで。14歳のシンジ少年が汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンゲリオンに乗って正体不明の敵性存在「使徒」と戦い始める契機と、自分の暮らし、友人、街など身近なものを認識する過程が、丁寧なタッチで再び語られ、1本の映画として再構成されている。クライマックスは、国家規模のオペレーションを描いた「ヤシマ作戦」。日本中の電力を箱根の一点に集め、シンジのEVA初号機が狙う陽電子砲の起動エネルギーとする大プロジェクトだ。自在に変形と攻撃を繰り返し、ネルフ本部へ侵入しようとする使徒。人類すべての運命が自分の双肩にかかったとき、シンジの心中に芽生えたものは・・・。

「EVANGELION:1.11」本編は画・音を再調整したデジタルマスター版として収録しています

【収録時間】
本 編:101分
特 典:(36分/HD/PCM2.0ch)“序”劇場版特報・予告編・TVスポット、Rebuild of EVANGELION:1.01、Angel of Doom PV、AR(アフレコ)台本(1.11 ver.)、“破”劇場版特報

【キャスト・監督 他 】
監 督:庵野秀明
原 作:庵野秀明
脚 本:庵野秀明
メカニックデザイン:山下いくと
キャラクターデザイン:貞本義行
出  演:(声) 緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子、立木文彦
英 題:EVANGELION:1.11 YOU ARE (NOT) ALONE 
製作年:2007年
発売日:2009/05/27

  (キングレコード)

【 感想 by CHOBI 】

2007年国産アニメーションの話題作が、DVDとはヴァージョンを変えてBD化。
DVD版はテレシネマスターを使用し、フィルムライクな趣きの画であったらしいが、今回はデジタルマスターから起こし、新たに追加シーンも加えられた。
キリスト教的な用語が多く見られるが、本来の意味とは使われ方が違う為、戸惑ってしまったが大変興味深いストーリー。今後その謎が判明してゆくのであろう。

画質は非常に鮮明で良好。
ややテレビ的な画と感じるが、クリアで高い精細感を味わえるものとなっている。
このあたりは、先のDVDヴァージョンでのテレビ的ではない画が、本来監督の意図したであったのかも知れない。そちらのヴァージョンをBD化したものも是非同封して戴きたかった所ではある。
キリッと締まった人物の線と、柔らかな線の背景を使い分け、奥行きと遠近感を巧く描いている。
テレビアニメ作品BDの、製作解像度の低さをカバーする様なモヤけた感じとは別物であると感じることが出来る。
細部の諧調が素晴らしい。
暗部ではしっかり沈めながら決して潰れる事がなく全てを見せ、逆に明部では眩しい位に抜けが良い。その対比が魅力的。

特記したいのが、光の表現の滑らかさ。
出来の良くないものや、解像度の低い媒体では色のグラデーションが段階的に見えてしまうが、非常に滑らかな諧調で、多用される様々な光源が美しく神秘的ですらあり、その独特の世界観に見入ってしまう。
その光はどこか生々しさすら感じられる。
立体感溢れる構図も迫力のある映像で魅せ、細かい描き込みは妥協がない。
また、投射しても甘さが露見せずしっかりした画を見せていた。

音声はDTS-HD6.1とTrueHD6.1と2種類のロスレスで収録。
今回はDTS-HDで視聴してみたが、こちらも優秀。
全編を通したバランスの良さが印象的。
重低音は、過度になり過ぎずにしっかりと鳴る。高音は粒立たせ通りが良い。
センターレベルを高く設定してあるのか、効果音に紛れず台詞部分も聞き取りやすい。
サラウンド効果は、明瞭に6.1chを活用したデザインで楽しい。
それぞれが的確に鳴り、包囲感と迫力十分。
サラウンドバックが大いに活き、違和感なく音の移動感が味わえる。

特典は全てHD画質で収録。予告編、TVスポットはそれぞれを数バージョン収録。アフレコ台本は面白い。Rebuild of EVANGELION:1.01のJoseph-Maurice Ravel Versionでは、ラヴェルの名曲ボレロをバックにメイキングを楽しむ事が出来る。“序”の劇場版特報も収録され期待が高まる。
また、カラーページのリーフレットも封入。

テレビシリーズの再構築化3~4部作の序章。駆け足で観た感もあり不明な部分も多いが、それでもトータルパッケージとして十分魅力を感じられた。

画質:9.5
音質:9.5
内容:7
---------------------------
【 感想 by MYRO 】

発売元がオリジナルマスターに限りなく近いと謳っているだけあり、高品質な映像。
オリジナルの描き込みこそイノセンスやアップルシードと比較すると地味めだが、追加シーンや部分部分の高精細な描き込みは見事。
フォーカスは全体的にソフトタッチだが、解像感は高く感じる画。
シーンによるバラツキは結構ある。
PCL(SONY)のカラーバンディング技術は見事で、光源処理の映像が滑らかに表現出来ている。どこかしっとりした映像。

音質だが、台詞は安定感があり厚みがある音質。
サラウンドは惜しみなくBGM・効果音に大活用されている。
一つ一つの音が明瞭な上に、周囲を効果音・BGMの楽器一つ一つが取り囲むので、臨場感たっぷりである。
一つ欲を言えばロスレス2種を収録ではなく、より高品位なものを1つだけ収録して欲しかった所。

内容だが、オリジナルアニメでは間延びしていたシーンが割愛され、戦闘シーンはよりリアルに描かれていて、ファンにはたまらない出来。DVD版お持ちの方はBDへの買い換えを迷うことなくおすすめ。
次回作“破”はBD/DVD同時発売を切に願う。

画質:9
音質:9.5
内容:8



スポンサーサイト


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

お帰りの際にクリックお願いします

当サイト内検索

ごあいさつ

次世代光ディスク Blu-ray Disc(ブルーレイ・通称BD)。 未体験の超高画質ハイビジョン映像、迫力のサウンド。
お手に取る際の参考までに。

視聴機器・環境や趣向で印象が変わりますので、あくまで個人的な感想です。
画像は、スキャンしトリミングしたものです。画像の二次使用厳禁。

CHOBI

Author:CHOBI
現在の紹介BDソフトは 369 タイトルです。

▼現在の視聴環境

【評価人① CHOBI】

LVP-HC5500(1080p)
80 inch Screen
&
Panasonic VIERA TH-P46VT2

PS3(120G)&BDZ-AX1000
SONY TA-DA5400ES
YAMAHA+ONKYO 7.1ch
----------------
【評価人② MYRO】

VPL-HS60(720p)

VPL-VW85(2010/10月分~)

100 inch Screen

BDZ-X90
SONY TA-DA5400ES
JBL+YAMAHA 6.2ch



▼リンクフリーですが、コメントでご一報いただけると幸いです。

― 管理人 CHOBI ―

カテゴリー

カテゴリー2

全記事表示

リンク

相互リンク

月別アーカイブ

Amazonで探す

Amazonで購入

Amazon(日本)輸入盤BD

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。