上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Blu-ray 【 インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 スペシャル・コレクターズ・エディション 】

▼パッケージ表
Blu-ray Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull -1

▼パッケージ裏
Blu-ray Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull -2

▼ディスク面 (本編ディスク)
Blu-ray Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull Disc-1

▼ディスク面(特典ディスク)
Blu-ray Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull Disc-2



 2層(BD50)+1層(BD25)   コーデック:MPEG-4 AVC   シネスコ(2.40:1)

【音声】

①英 語ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語DD 5.1ch (48KHz/640Kbps)
③タイ語 DD 5.1ch

【字幕】
日本語、英語、インドネシア語、広東語、ヒンディー語、韓国語、標準中国語、タイ語、タイ語吹替用、日本語吹替用 

【内容】

スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが、あなたを史上空前の冒険へと誘う。
それは“あっと驚かされる、ものすごい見せ場”(Roger Ebert/シカゴ・サンタイムズ紙)
満載の“ノンストップ絶叫マシーン”(Richard Corliss/タイム誌)だ。
「インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」でインディ(ハリソン・フォード)は、アケトーにある全能のクリスタル・スカルを手に入れるべく、頭脳明晰で美しい諜報員(ケイト・ブランシェット)と競い合う。
チームを組んで協力するのは、反抗的なバイク少年(シャイア・ラブーフ)と、かつてインディの恋人だったマリオン(カレン・アレン)。
不朽のインディ・ジョーンズ映画が持つスリルある伝統を受け継いだ、アクション満載の冒険にインディがあなたを連れ出す!

  ★2008年 ルーカスフィルム・リミテッド製作
     パラマウント映画(日本初公開2008.6.21)

【収録時間】
本 編:122分
特典映像:

【Disc 1】(HD/約33分)インディ・ジョーンズ タイムライン、帰ってきた伝説(第4作ができるまでの道のり、 舞台裏をスタッフ、キャストが語る)、撮影スタート前、予告編

【Disc 2】(HD/1080i/AVC DD2.0ch約160分)
[ 製作日誌:「クリスタルスカルの王国」メイキング ] クランクインからクランクアップまで撮影の舞台 裏に完全密着した、全6章からなるメイキング
[ 戦士のメーキャップ ] 遺跡を守る原住民たちのメイクの模様、工夫を紹介
[ クリスタル・スカル ] 本作の最重要アイテム“クリスタル・スカル”の製作過程や秘密に迫る
[ 伝統的な小道具の数々 ] 「インディ」の世界観を形作るこだわりの小道具の紹介
[ 視覚効果の秘密 ] 編集、音響効果、音楽などの“ポスト・プロダクション”の舞台裏を紹介
[ 撮影終了後の冒険 ] 合成前・合成後の映像を比較しながら、特殊効果を使ったシーンの解説
[ 接近! チーム・インディ ] 映像とともにスタッフ、キャストを紹介するメイキングのフィナーレ
[ プレビズ映像 ] “プレビズ”と呼ばれるCGを使った動く絵コンテを3種収録
[ ギャラリー (静止画) ] 静止画集

【キャスト・監督 他 】
監 督:スティーブン・スピルバーグ
原 案:ジョージ・ルーカス
音 楽:ジョン・ウィリアムズ
出 演: ハリソン・フォード(内田直哉)、シャイア・ラブーフ(細田佳正)、ケイト・ブランシェット(本田貴子)、カレン・アレン(土井美加)、レイ・ウィンストン(松井範雄)
原 題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull
製作年:2008年
発売日:2008/11/07

    (パラマウント・ジャパン)




■感想 by CHOBI

待望のインディ・ジョーンズ シリーズ最新作が早くもBlu-ray化。
劇場で拝見したのが、つい先日の様。
娯楽に徹したアドベンチャー大作は、やはりいつ観ても楽しい。あの旋律が流れると自然と心躍る。
最新作でありながら、前3作を通した一貫性を意識したトーン。
特殊効果もあえて昔ながらの手法に見せている。お約束のネタも含め、その世界観の統一性は素晴らしく、前作から違和感なく入り込める。

発色の良さに加え、高い解像感で被写体の細かな描写を魅せる。
微細ながら、適切なグレインパフォーマンスがより映像にシャープさを持たせている。
暗部シーンの諧調や陰影、逆光を使った柔らかい表現の対比も良好。

脚本としてはやや枝葉が多く、何処に向かっているのか迷子になりそうだが、サービス精神旺盛で、どこを切っても見所。といった迫力とアイディア溢れる映像の洪水は見事。
冒険映画3本分が詰まっているかの様。

サウンドも迫力がありダイナミック。音楽・効果音は広がりがあり、スケールの大きさを感じられる。
低音・高音ともに適所で良く鳴ってくれるが、近年作品の様な綿密な設計ではなく、やや中音域が弱い印象は受ける。一つずつ粒立っており素晴らしいが、良い意味で大味。サラウンドも同じ傾向。ダイナミックさ重視で聞かせてくれる。

本編ディスク・別途ディスク共に、特典映像はHD画質で非常に充実。
前3作品のHD画質での映像も拝見でき、嫌がおうにも期待が膨らむ。
丁寧に修復作業が進められている様で、アナウンスが待ち遠しい。
確実に押さえておきたい一本。

画質:9.5
音質:9
内容:8

------------------------------
■感想 by MYRO

色調こそ80年代ライクな(古くさい)感じがするが、コントラストや解像感が非常に高く高画質。
あまりの高画質さに軍服などが本物ではなく作り物に見えて仕方ない感覚になる。
本作を鑑賞した後にコレクションのインディ1~3のDVDと見比べて見たのだが雲泥の差。
さすがは高ビットレートのMPEG4/AVC+新作といったところか。
パラマウント史上、最高画質のBlu-rayソフトで間違いないでしょう。
台詞もクリアでサラウンド感はやや物足りない気もするが音質は上々。

古き良き時代を思わせるような本作。
子供や老人と年齢を問わず家族で楽しめる作品となっている。
緊迫感には欠けるが娯楽性重視のインディ・ジョーンズらしい作品に仕上がっている。

余談だが、冒頭のTHXロゴシーンは身震いするほどの高画質、高音質、大迫力。
AVアンプを持っていて良かったと感動出来る秀作。
4度も繰り返しTHXロゴシーンを見直してしまった。

画質:10
音質:9
内容:8


スポンサーサイト


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

お帰りの際にクリックお願いします

当サイト内検索

ごあいさつ

次世代光ディスク Blu-ray Disc(ブルーレイ・通称BD)。 未体験の超高画質ハイビジョン映像、迫力のサウンド。
お手に取る際の参考までに。

視聴機器・環境や趣向で印象が変わりますので、あくまで個人的な感想です。
画像は、スキャンしトリミングしたものです。画像の二次使用厳禁。

CHOBI

Author:CHOBI
現在の紹介BDソフトは 369 タイトルです。

▼現在の視聴環境

【評価人① CHOBI】

LVP-HC5500(1080p)
80 inch Screen
&
Panasonic VIERA TH-P46VT2

PS3(120G)&BDZ-AX1000
SONY TA-DA5400ES
YAMAHA+ONKYO 7.1ch
----------------
【評価人② MYRO】

VPL-HS60(720p)

VPL-VW85(2010/10月分~)

100 inch Screen

BDZ-X90
SONY TA-DA5400ES
JBL+YAMAHA 6.2ch



▼リンクフリーですが、コメントでご一報いただけると幸いです。

― 管理人 CHOBI ―

カテゴリー

カテゴリー2

全記事表示

リンク

相互リンク

月別アーカイブ

Amazonで探す

Amazonで購入

Amazon(日本)輸入盤BD

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。