上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Blu-ray 【 トレインスポッティング 】

▼パッケージ表
Blu-ray Trainspotting -1

▼パッケージ裏
Blu-ray Trainspotting -2

▼ディスク面
Blu-ray Trainspotting Disc


 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC ビスタサイズ(1.78:1 )   

【音声】

①英 語ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語DD 2.0ch


【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
未来を選べ…。だけど、それがいったい何なんだ?
世界中を熱狂させた"陽気で悲惨"な青春映画。

マーク・レントンと仲間たちは、いつもハイになってるか、ドラッグを買うため盗みをしているかだ。
アル中でケンカが趣味のベグビー。女たらしで“007オタク”のシック・ボーイ。気のいい小心者のスパッド。そして、SEXもドラッグもOKの女子中学生ダイアン。そんな彼らの友情もやがて崩壊の運命をたどる。圧倒的な絶望感の中、人生を変える賭けに出るレントン。彼はどんな未来を選ぶのか。アーヴィン・ウェルシュのベストセラーを、ダニー・ボイルが映画化。サウンドトラックには豪華ブリット・ポップ陣が結集。世界中を熱狂させた90年代最高の“陽気で悲惨”な青春映画。

【収録時間】
本編:93分
特典映像:音声解説、メイキング・オブ「トレインスポッティング」、未公開シーン集、レトロスペクティブ:映像について NOW/THEN 、レトロスペクティブ:音楽について NOW/THEN、レトロスペクティブ:スタッフインタビュー集、レトロスペクティブ:注射シーンについて 、カンヌ映画祭でのインタビュー、予告編

【キャスト・監督 他 】
監 督:ダニー・ボイル
製 作:アンドリュー・マクドナルド
出 演:ユアン・マクレガー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド
原 題:Trainspotting
製作年:1996年
発売日:2008

       (SPEソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

■感想

「人生を選べ、キャリアを選べ、家族を、テレビを、洗濯機を、車を、CDプレーヤーを、電動缶切り機を選べ、いつか死ぬその日まで、自己中心のガキになることほどみっともないことはない、未来を選べ…。だけど、それがいったい何なんだ?」
こう詩的にナレーションしながら、街中を全力疾走するシーンから始まる。開始3秒で引き込まれるか否かが決まるだろう。
ドラッグに溺れ、窃盗を繰り返しどうしようもない奴らだ。PTAが見たら発狂するだろう。絶望感あふれ、どう見ても格好良くなどない。
だが、たまらなく彼らが愛おしいのだ。
マーク(ユアン・マクレガー)が語る皮肉に満ちた言葉が良い。
「1000年後には性別もなくなるだろう、大歓迎だ」。その通りだろう。
▼『時計じかけのオレンジ』 同様、当時斬新とされるものが、普遍的で今の時代においても輝きを放っている。
ご覧になる方によっては嫌悪感を感じるだろうシーンが多いが、その映像表現は秀逸だ。
絶望と嫌悪に満ちているが、シュールでありながらファンタジックな手法で、幻覚など彼らの頭の中を巧みに見せる。
きついスコットランド訛りがクセになる。日本語吹替えも良い出来だが、やはりこの訛りもこの作品の大事な要素なので、魅力的な出演陣の演技と共に、是非こちらで味わって戴きたい。
楽曲の使い方が抜群に良い。
このシーンで、このタイミングで、この曲以外考えられないと思わせる見事さ。
それがどうしようもない絶望感・悲壮感の中にも、明るく爽快感を持たせており軽快なのだ。
観た後に、あの曲のあのシーンが見たいなと思ったところ、なんと「音楽メニュー」が用意されており、全ての使用ナンバーのチャプターを見る事が出来る。実にツボを押さえた仕様だ。

10年以上前の作品の為、若干のフィルムノイズは散見される。ざわつきもあるが、解像感・独特の発色も十分で、これが何とも味わいがある。
サウンドは、センター重視で台詞を明瞭に押し出すデザイン。弾みのあるサラウンド感は音楽シーンで発揮。

独特の表現のダニー・ボイル監督。これはBlu-ray「28日後…」並びに「28週後…」も今から楽しみだ。

画質:8.2
音質:8
内容:9.5



スポンサーサイト

Blu-ray 【 アイ・アム・レジェンド 】

▼パッケージ表
Blu-ray I AM LEGEND -1

▼パッケージ裏
Blu-ray I AM LEGEND -2

▼ディスク面
Blu-ray I AM LEGEND Disc



 2層(BD50)   コーデック:VC-1   シネスコ(2.4:1)

【音声】

<オリジナル版>
①英 語ドルビーTrueHD5.1ch
②英 語DD 5.1ch
③日本語DD5.1ch

<別エンディング版>
①英 語ドルビーTrueHD5.1ch
②英 語DD 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】

“めくるめく興奮と驚愕。アドレナリンが全身を駆け巡る、アクション超大作。”
-Pete Hammond, MAXIM

地球最後の男。しかし、彼は一人ではなかった。荒廃したニューヨーク、マンハッタンを舞台に、たった一人生き残った男が、たったひとつの希望のために戦い続ける。ウィル・スミス主演で贈る、超大作アクション。

予防不能、治療不能のウイルスによって汚染された地球。なぜか免疫があった軍所属の科学者ネビル(ウィル・スミス)は、荒廃したニューヨークで---あるいは世界で---ただ一人の生存者となった。必死に他の生存者を捜すネビルだったが、生存していたのはヒトではなかった。ウイルスによって変異したミュータントたちが闇に潜み、ネビルを監視していたのだ。ネビルが致命的なミスを犯すのを待ち続けるミュータントたち。過酷な状況の中、ネビルを支えているのはただひとつの希望。それは免疫のある自分の血液からウイルスを根絶する薬を作り出すこと。迫り来るミュータントとタイムリミット。地球最後の男に希望はあるのか?

【収録時間】
本編:約100分/ 別エンディング版:104分
特典映像:コミック版“アイ・アム・レジェンド”、死の贈り物、孤独、目の前で起こる惨劇、シェルター、衝撃の別エンディング版、ウイルスの猛威、メイキング

【キャスト・監督 他 】
監 督:フランシス・ローレンス
製 作:アキバ・ゴールズマン、デイビッド・ヘイマン
出 演:ウィル・スミス, アリーシー・ブラガ, ダッシュ・ミホック
原 題:I AM LEGEND
製作年:2007年
発売日:2008/04/24

             (ワーナー・ホーム・ビデオ)

■感想 by CHOBI

リチャード・マシスン小説の3度目の映画化。「地球最後の男」 (1964)、「 地球最後の男 オメガマン」 (1971) そして今回の「アイ・アム・レジェンド」となる。

誰一人居なくなった、ニューヨークの街での描写は、「ゾンビ」「ドーン・オブ・ザ・デッド」におけるショッピングモールのシーンを彷彿させ刹那的であるが、観客にとっては楽しい。
とてつもない孤独感の中で、愛犬サムとのネヴィルのギリギリの精神状態を様々な手法で描く点は面白い。
観客は大きな説明もなく、突如この廃墟と化した摩天楼に放り出される。
カメラワークと共に、この情景は最大の魅力。

静かなシーンが続く中、序盤以降、音量により驚かせるとゆう古典的な手法を使っている。音質はそれ以上でもそれ以下でもない。

オリジナル版は既に拝見していたので、今回は別エンディング版を見た。
こちらの方が、俄然辻褄が合う。彼らダーク・シーカーの由来や特徴の設定が不明瞭。なにゆえ襲うのか。ネヴィルの使った罠を模倣するところを見ると、知能はある様だ。
だからこそ、その行動の意とするところが分からなかったもだが、こちらのバージョンでは、なるほど納得がいく。
ただ、辻褄はあったものの今度は「レジェンド=伝説」の意味が薄らぐ。
どちらのバージョンにおいても、上手くまとめられていないのだ。
脚本はエンディングを書くのが一番難しいものだ。
結局、魅力的な設定が散りばめられてはいるが、雰囲気も、ドラマも、映像面も上手く纏められていない。それぞれの方向性が定まっていない。
折角の極限の心理状態の熱演も、結果として生かされていない。
愛犬サムとの物語も良いし、マネキンに話しかけるシーン、ハンドカメラ風の映像、ナイト・シーカーの別の側面など、良い要素がありながら、勿体ないことになっている。

そうなると、Blu-rayで見るべきものは、映像面・画質面。
やはり、この手の映画では上空から見る高層ビル群やブルックリン橋など、もっとシャープに鋭く見せて欲しい。

劇場とホームシアターとではそもそも媒体が違う。これが演出なのだとは言わせない。

この様な作品に柔らかいフォーカスは合わない。意図的なものだと言うのであれば、センスがない。
冷たさと孤独・悲壮感を表す、鋭利なキリっと締まった高解像の画が欲しい。

しっかりとした「商 品」を提供して戴きたい。
このメーカーのタイトルは長いこと拝見してきたが、この作品は最新の話題作なのだ。
確かに今までよりは良い、との感はある。しかし基本的に、これ以上のものは提供しないですよというのが、この社の決定であり表明のようである。
それならそれでよいでしょう。それであれば以前のDVD時代のハリウッド・プライスの様に薄利多売でいって戴きたい。
ちなみに、基本的販売価格は ディズニー・20世紀FOX=4,935円、ワーナー=4,980円 である。

画質:8.5
音質:8
内容:5(オリジナル版) 7(別エンディング版)


------------------------------------------
■感想 by MYRO

ワーナータイトルの中ではかなり綺麗な方。他社の高画質作品と比べるとまだ数段下。
時折、数秒間ぼやけるシーンがあるが、オーサリングの調整不足と言ったところか。
部分部分は10点をあげても良い高解像度なシーンがあるがバラツキが激しい。
音質は他の作品と比べ、音量が小さく感じた。驚かせるシーンの為に全体音量を絞ったのかも。
画質も音質もBDの平均点でしたという評価。ただし特典は3時間(HD、SD)と充実。
ウィルスミス好きなら絶対に買い!な1本。

画質:8.5
音質:8
内容:8





Blu-ray 【 ボビーZ 】

▼パッケージ表
Blu-ray BOBBY Z -1

▼パッケージ裏
Blu-ray BOBBY Z -

▼ディスク面
Blu-ray BOBBY Z Disc


 1層(BD25)   コーデック:MPEG-4 AVC   HDワイドスクリーン(2.35:1 )   

【音声】

①英  語ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語ドルビーTrueHD 5.1ch


【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
ポール・ウォーカー主演!個性派キャストが放つ
何でも“アリ”のリアル・アクション!!
元海兵隊員のティムは、トラブルだらけの人生で服役中の身。塀の中でも問題ばかりを起こす彼に、ある囮捜査の話が持ちかけられる。それは、カリフォルニアの伝説男「ボビー・Z」に成りすまし、事件を解決すること。協力することで晴れて自由の身になった彼に次々と襲い掛かる罠と謎。麻薬王、ギャング、捜査官、そして遂には“本物!?”のボビー・Zにも追われる羽目に!「ひとつの人生」を賭けた何でもアリの争奪戦!最後に勝つのは!?

【収録時間】
本編:約96分
特典映像:『ボビーZ』の舞台裏、予告編

【キャスト・監督 他 】
監 督: ジョン・ハーツフェルド
製 作: ピーター・シュレッセル
出 演: ポール・ウォーカー、ローレンス・フィッシュバーン、 ジェイソン・ルイス
原 題:The Death and Life of Bobby Z
製作年:2007年
発売日:2008/4/23

            (SPEソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

■感想 by CHOBI

*未視聴

■感想 by MYRO

チンピラな設定の主人公が、悪なのか良い人なのか曖昧だったが、主役のポール・ウォーカー君は誰がどうみても善人顔なので良しとすることに。
ヒロイン役のオリビア・ワイルドがもの凄く色っぽく、この作品の良い華となっている。

さすがハイビジョン画質で、ローレンス・フィッシュバーンのデコボコにきび面がくっきり。
全体的には落ち着いた色風味だったが、メキシコの自然、建物が綺麗に表現されていた。

台詞は聴き取りやすく、やや迫力に欠けるものの音質もロスレスなので英語、日本語ともに◎。


画質:8.5
音質:8.5
内容:7



Blu-ray 【 決定版 列島縦断 鉄道12,000Km最長片道切符の旅 】

▼パッケージ表
Blu-ray 決定版 最長片道切符の旅 -1

▼パッケージ裏
Blu-ray 決定版 最長片道切符の旅 -2

▼ディスク1
Blu-ray 決定版 最長片道切符の旅 Disc 1

▼ディスク2
Blu-ray 決定版 最長片道切符の旅 Disc 2

▼冊子
Blu-ray 決定版 最長片道切符の旅 -3


 2層(2枚組)   コーデック:1080P/MPEG-4 AVC   ビスタサイズ(16:9)

【音声】

①日本語リニアPCM 2.0chステレオ(48KHz/1.5Mbps)

【字幕】
日本語

【内容】
日本全国『最長片道切符の旅』
旅人・関口知宏の原点はここにある。
すべてはここから始まった!関口知宏が挑む日本縦断12000kmの鉄道の旅。静かな感動が心に迫る43日間のドキュメント。

”究極の鉄道旅行”と鉄道ファンの間でとされる「最長片道切符の旅」。JRの路線だけで、同じ駅を2度と通らず最も長い距離を行く―。この条件を守ればたった1枚の切符で、一筆書きの旅を楽しむことができる。2004年5月、関口知宏は、北海道の稚内からゴールの佐賀・肥前山口を目指し、この途方もない旅に挑んだ。
出会い、別れ、発見を繰り返して行く旅が始まった。
「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」、北海道・東北・信越編、関東・中部・関西編、中国・四国・九州編全3回に加え、車窓風景と各地の美しい風景の中を走る列車映像を厳選し再編集した「完全保存版 車窓と風景でつづる列島縦断 鉄道12000kmの旅」を収録。


【収録時間】
本 編:438分
特 典:(映像13分) メモリアル・フォト・アルバム(旅行中に撮影された写真のスライドショー)、特典冊子:「列島縦断 鉄道12000kmの旅」乗り換えデータ

【キャスト・監督 他 】
製 作: NHK・えふぶんの壱
出 演: 関口知宏
発 行:NHKエンタープライズ
発売日:2008/4/23

             (BMG JAPAN/NHK)

■感想

後日UP致します

画質:9.5
音質:8
内容:9.5




Blu-ray 【 秒速5センチメートル 】

▼パッケージ表
Blu-ray 秒速5センチメートル -1

▼パッケージ裏
Blu-ray 秒速5センチメートル -2

▼ディスク面
Blu-ray 秒速5センチメートル Disc

▼ブックレット
Blu-ray 秒速5センチメートル -3


 1層(BD25)    コーデック:MPEG-4 AVC   ビスタサイズ(16:9)

【音声】

①日本語リニアPCM 4.0ch (48KHz/3.1Mbps)
②日本語リニアPCM 2.0ch (48KHz/1.5Mbps)

【字幕】
日本語

【内容】

「ほしのこえ」、「雲のむこう、約束の場所」の新海誠が描く、切なくも輝きに満ちた世界、日常。

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた『桜花抄』、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた『コスモナウト』、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作『秒速5センチメートル』、三本の連作アニメーション作品。

2002年、たった一人で作った「ほしのこえ」で映像界に鮮烈なデビューを飾った新海誠。2004年には初の劇場長編アニメーションとなる「雲のむこう、約束の場所」を発表し、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞をはじめ数々の賞を受賞。
そして2007年早春、満を持して本作「秒速5センチメートル」が渋谷シネマライズにて公開された。その後、上映館は全国に拡大。2週連続でミニシアターランキング1位を獲得するなど、短編アニメーションとして希に見る興行を記録し、話題を呼んだ。
新海監督がいちばん描きたかったものを凝縮した本作は、制作体勢の面でも新海監督自身の原点に立ち返り、完全少人数制のもと細部まで監督本人が手を入れていくという、いわば個人スタジオ体制での制作で進行。
そして主題歌には誰もが知っていて、現代を生きる人々にとって普遍性のある楽曲として、山崎まさよしの「One more time, One more chance」を起用。
新海作品の情感あふれる映像に、切なくも美しいメロディが響き、心を揺さぶらせずにはいられない、極上の連作短編アニメーションとなった。

【収録時間】
本 編:71分
特 典:約8分 予告編、「One more time, One more chance」PVスペシャルエディション、8P オールカラーブックレット

【キャスト・監督 他 】
監 督: 新海誠
作 画:西村貴世
出 演: (声) 水橋研二、花村怜美、 近藤好美、 尾上綾華
製作年:2007年
発売日:2008/04/18

             (コミックス・ウェーブ・フィルム)

■感想

貴樹を中心とした模様を、時間の経過と共にその断片を3話のオムニバス形式で綴っている。
大きな軸はなく、ストーリー自体は未完。これは一方的に提示するのではなく、視聴者が自らの経験などを投影・補完しストーリーを作り上げてゆく様になっている。それ故、観た者によって全く印象が変わるだろう。
もし、これを緻密に計算して作ったのであればある意味凄い事だ。

強く印象に残るのは、その書き込まれた背景画。一見、写実的だがデフォルメされた街の風景、夜空・星の数々・種子島の海やロケット発射シーン、降り注ぐ雪や桜吹雪は見事である。
雪の表現とゆうのは既存の映画においては、「ただ降っている」としか感じられないものだが、今作では、ふんわりと舞う雪の種類まで、繊細な捉え方で表現されている。

また特記出来るのが、光の表現である。光の捉え方はジャンルを問わず絵描きのひとつの課題でもあり、顕著に特徴が現れるもの。人間は何故か光に惹かれてしまう。日の出であったり、木漏れ日であったり、焚き火や暖炉の火であったり。
時間が止まり、照らされた互いを横目で温かい気持ちで見た経験は誰にでもあるだろう。
その光をしっかりと掴まえ、画の中に上手く生命感を持たせている。
しかしその反面、登場人物の作画デザインに違和感を感じてしまう。好みもあるのだろうが、いかにも「アニメ」といった印象を受け、邪魔になっている。
国産アニメーションのBlu-ray化が盛んであるが、この手のジャンルが苦手でかなりの抵抗感がある為、正直初めは厳しかった。
どうしても「型」があり、少女などの作り過ぎた声や動き・キャラクターに引いてしまう。
普通に「映画」として観ると、やはりとっつきにくくBlu-rayで登場してなければ観る事も、興味をひく事もなかっただろう。そういった方も多いはず。

ただ、それでこの映像を切り捨ててしまうのはいささか勿体ない気がする。
叙情的な空気、やわらかく繊細なディテイルと階調は素晴らしく、Blu-rayとの相性は極めて高いからである。
まず特典収録の名曲「One more time, One more chance」PVをご覧になると良いのではないだろうか。音楽PVは洋楽では重要なコンテンツでひとつの映像作品となっているが、その感覚で観る。
こちらのスペシャル・エディションPVは、全3話からのダイジェスト映像で構成されており、非常に曲にマッチしている。実に手の込んだミュージック・クリップとして感心出来る。
そして、次に3話目を観る。この第3話「秒速5センチメートル」は中々良かった。
夜、都会の雑踏の中。ふと感じる理由のない孤独感が歌にのせてしっとりと流れる。3話目は短く直ぐに「One more time, One more chance」が流れる為、Michael JacksonのPVの様に、ストーリー仕立ての音楽映画として楽しめる。

この2つだけでも確かに観る価値はあった。
アルバムをめくる様に断片的に振り返る。こうした方法も可能である。
もし気に入れば、そのまま逆順に追ってゆくと抵抗なく楽しめるのではないだろうか。

画質:9.5
音質:8.5
内容:―






Blu-ray 【 手 紙 】

▼パッケージ表
Blu-ray 手紙 -1

▼パッケージ裏
Blu-ray 手紙 -2

▼ディスク面
Blu-ray 手紙 Disc


 2層(BD50)  コーデック:1080P/MPEG-4 AVC   ビスタサイズ(16:9)

【音声】

①日本語ドルビーTrue HD 2.0ch
②日本語リニアPCM 2.0ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
直木賞作家・東野圭吾の涙の大ベストセラー。最高のスタッフと豪華キャストで映画化。
人は、ひとりでは生きていけない…。希望を失ったすべての人々に贈る、魂の人間賛歌!
兄が人を殺した。
夢も恋人も全てなくした、兄のせいで―。
川崎のリサイクル工場で働く青年、武島直貴(山田孝之)。誰とも打ち解けることなく、人目を避けて生きる彼にはある秘密があった。兄・剛志(玉山鉄二)が、弟を大学に行かせるための学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。数度にわたる引越しと転職。掴みかけたのに鼻先をすり抜けた、お笑い芸人になる夢。はじめて愛した女性との痛切な別離…。耐え切れず自暴自棄になる彼を、深い絶望の底から救ったのは、 常に現実から目をそらさず、陽の当たる場所へと導いてくれた由美子(沢尻エリカ)の存在だった。 しかし、彼女とのささやかな幸せが再び脅かされるようになった時、彼は決意する。―塀の中から届き続ける、この忌まわしい「手紙」という鎖を断ち切ってしまおうと。

【収録時間】
本 編:121分
特典映像:予告編、TVスポット

【キャスト・監督 他 】
監 督: 生野慈朗
出 演: 山田孝之、沢尻エリカ、 玉山鉄二、 吹石一恵、 杉浦直樹、風間杜夫
原 作: 「手紙」著:東野圭吾(文春文庫)
製作年:2006年
発売日:2008/03/21

             (GAGAギャガ・コミュニケーションズ)

■感想
かねてからBlu-ray化して戴きたいと思っていた邦画作品の一つが早くも実現。
他には「ALWAYS 三丁目の夕日」「かもめ食堂」「嫌われ松子の一生」「DEATH NOTE」「地下鉄に乗って」などに期待している。

泣ける=良い作品とは一概には言えないが、この作品は拝見する度にやられる。
細部で気になる部分があるものの、ラストの兄・剛志の合掌のシーンで全て吹き飛んでしまう。

学費のため盗みに入り図らずも人を殺めてしまった兄と、犯罪者の家族として肩身の狭い生活を強いられる弟・直貴。幼い頃に両親を亡くし、兄・剛志は全てを犠牲にして弟の為に生きていた。
全ては自分の為であったと身に染みて理解しているが、殺人犯の弟に対する世間の風当たりは強く、アパートを追い出され、夢を諦め職を転々とする直貴。刑務所から届く兄にとっては「たったひとつの繋がり」である手紙が次第に疎ましく感じるようになる。何故、俺が・・・。全て兄貴のせいだ・・・。
時間の止まった壁の中。しかし娑婆では無情にも時間は流れてゆく。

この作品で一番興味深い所は「差別・人権」の描き方である。
歴史は常に人権の獲得と差別撤廃の為に戦ってきた。しかしこの作品では「差別は当然なんだよ」と言い切ってしまう。

劇中の家電量販店の会長の言葉である。「君はもうはじめているじゃないか。少なくともこの手紙の主とは繋がっている。あとはその糸を2本3本と増やしていけばいいのだ。」と。
そして、「差別のない場所を探すのではない、君はここで生きていくんだ」と。
去ってゆく会長は足を引きずっている。ハンデを負って生きてきた中で見付けたひとつの道だったのかも知れない。
自分の幸せの為だけに「俺、兄貴を捨てる」と伝えるシーン。直貴に正しい道を照らす由美子のひとすじの光の存在も強く印象に残る。

画質的には、正直厳しい。DVD版ほどではないが、やはり輪郭が甘くぼやけている。
傷やノイズは存在していない。転送レートは常に高く、使用している素材を忠実に再現している感は受けるものの、その素材自体に難あり。やはり邦画は作品が素晴らしくとも撮影方法・機材・環境など画質、音質的にはさほどこだわらない傾向の為、HD化は向いていないかも知れない。
ただ、この作品ついては柔らかく温かい印象に繋がっている様に受け取る事も出来る。

サウンドは2.0chと至ってシンプル。台詞を押し出し非常に聞き取り易い。きちんと日本語字幕も収録されている点も評価したい。

素材を含めての画質・音質の点では強くはお奨め出来ないが、作品の伝えようとするものは素晴らしい。

画質:7
音質:6
内容:10




Blu-ray 【 サハラ 死の砂漠を脱出せよ 】

▼パッケージ表
Blu-ray Sahara -1

▼パッケージ裏
Blu-ray Sahara -2

▼ディスク面
Blu-ray Sahara Disc


 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC   ビスタサイズ(16:9)

【音声】

①英 語ドルビーTrueHD 5.1ch
②英 語DD 5.1ch
③日本語DD 5.1ch
④オーディオコメンタリー1DD2.0ch
⑤オーディオコメンタリー2DD2.0ch

【字幕】
日本語 ・英語・オーディオコメンタリー用

【内容】
幻の財宝。手掛かりは一枚の金貨。
全世界で1億2000万部を突破!冒険小説ベストセラー最高峰“ダーク・ピット”シリーズの完全映画化!
広大なサハラ砂漠が広がるナイジェリアのある地域に突如謎の病原体が発生。
事態を憂慮したWHO(世界保健機関)は美しきエリート研究医エヴァ(ペネロペ・クルス)を派遣、原因究明を急ぐ。一方、米国政府の米国特殊機関NUMA(国立海中海洋機関)のトップ・エージェントである、ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)も、同国にかつてアメリカが保有していた大量の財宝が埋没しているという情報をキャッチ、現地入りしていた。
謎の病原体の究明、隠された秘宝の発見、それぞれの目的を持った彼らの旅は、巨大組織の執拗な妨害に阻まれながら、まさに死と隣り合わせの壮大な冒険へと姿を変えていく・・・。


【収録時間】
本 編:124分
特典映像:予告編

【キャスト・監督 他 】
監 督: ブレック・アイズナー
出 演:ペネロペ・クルス, マシュー・マコノヒー, スティーヴ・ザーン, ランベール・ウィルソン, ウィリアム・H・メイシー
原 題:Sahara
製作年:2005年
発売日:2008/02/01

             (GAGAギャガ・コミュニケーションズ)

■感想

視聴後UP致します

画質:―
音質:―
内容:―



Blu-ray 【 Dolby THE SOUND OF HIGH DEFINITION 】

▼パッケージ表
THE SOUND OF HIGH DEFINITION BD -1

▼パッケージ裏
THE SOUND OF HIGH DEFINITION BD -2

▼ディスク面
THE SOUND OF HIGH DEFINITION BD Disc


 

【Track List】
~Introduction: The Sound of High Definition 7.1~

~Selections in Dolby Digital Plus~

1 Safari 7.1
2 Dave Matthews and Tim Reynolds 7.1
3 Elements: Air, Earth, Show, Water 7.1

~Selections in Dolby TrueHD~

1 Harry Potter and the Goblet of Fire
2 Nine Inch Nails: Beside You in Time,“The Hand That Feeds”
3 San Francisco Symphony: Aaron Coplans’s Appalachian Spring
4 Dave Matthews and Reynolds
5 Ghost in the Shell 2:Innocence
6 Legends of Jazz with Ramsey Lewis,“They Can’t Take That Away from Me”
7 Sahara
8 Clouds 7.1
9 The Last Mimzy
+Extras

             

■感想

視聴後UP致します


Blu-ray 【 ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版 】

▼パッケージ表
Blu-ray Beowulf DC -1

▼パッケージ裏
Blu-ray Beowulf DC -2

▼ディスク面
Blu-ray Beowulf DC -Disc


   2層(BD50)   コーデック:VC-1   シネスコ(2.4:1)

【音声】

①英  語ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語DD 5.1ch
③英  語DD 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語 

【内容】
鳥肌、総立ち。
世界を巻き込む“呪い”の連鎖は、一人の女の誘惑から始まる。
呪われた王国へ、男は海の向こうからやって来た。どんな戦士も適わなかった怪物グレンデルを倒し、名を馳せるために。鎧も武器も要らない。相手が素手なら、こちらも生身で戦うまで。そんな恐れ知らずの勇者に仕掛けられた甘い誘惑・・・。手にしたものは莫大な富、永遠の力、そして偉大なる王の称号。しかし、栄光の先には恐るべき代償が待っていた――!
伝説の冒険物語を、最新のテクノロジーで映画化。レイ・ウィンストンが英雄ベオウルフ、アンジェリーナ・ジョリーが魅惑の“怪物の母”を熱演。監督ロバート・ゼメキスは革新的なパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使し、実写とCGを融合させた驚異の映像世界を創り上げた。怪物グレンデルとの死闘、ドラゴンとの一騎打ち…魔物たちが大地を跋扈し、英雄たちが武勇を競った世界が眼前に現れる。英雄ベオウルフここにあり!

【収録時間】
本編:約115分
特典映像:(約82分/1080i High-Def)メイキング~撮影の道のり~ベオウルフ~スタッフ/キャストの奮闘記~-"ボリューム"の中で、はいっ ポーズ!、-"E.O.G."とは?、バーチャルセット、小道具、スキャナー、スタントワーク、ストーリーボード~グレンデルとの戦い~、"かかってこい"、寒さとの戦い、原作から映画へ、蘇る魔物たち、ベオウルフ"を再現、映画に見る古典の世界、未公開シーン集

【キャスト・監督 他 】
監 督: ロバート・ゼメキス
製 作: ニール・ゲイマン、ロジャー・エイバリー
出 演: レイ・ウィンストン, ロビン・ライト・ペン, アンソニー・ホプキンス, クリスピン・グローバー, アンジェリーナ・ジョリー
原 題:Beowulf Director’s Cut
製作年:2007年
発売日:2008/04/11

             (ワーナー・ホーム・ビデオ)

■感想

幾度か映画化されているべオウルフの叙事詩の映画化であるが、こちらは一風変わっている。
予告編などをご覧になって勘違いされた方も多いと思うが、実写ではなく全編CGアニメーションで構成されている。
俳優の顔や体に250以上のマーカーをつけて、その動きをコンピュータに取り込みCGする、同監督作品『ポーラー・エクスプレス』のモーション・キャプチャーを進化させたパフォーマンス・キャプチャーなる技術で、実写と見紛う滑らかな表情・動きを見せる。アップなどは少し離れて見れば、実写と見間違えてしまう。
しかし全体的にはやはり不自然であるから、かなり不気味。
演じる俳優自身のルックスを生かしたキャラクターもあるが、主人公べオウルフ役のレイ・ウィンストンは実際には似ても似つかない初老の役者。

このべオウルフ。怪物は丸腰なのだと言い、おもむろに全裸になる。
全裸で手を腰に据え、恍惚の表情で仁王立ち。

全裸で寝そべる。

全裸で威嚇する。

全裸で吼える。

全裸でしがみ付く。



ただの変態。


その癖、あの手この手を使い丁寧に股間を隠すものだから、可笑しくて仕方がない。

ストーリー・世界観自体は悪くないのだが、ここまで妙にリアルだとかえって実写で観たいとゆう思いが常によぎってしまう。
HD画質のドキュメンタリーを拝見すると、なるほど凄い事をしているのだなと感心する。この舞台裏と合わせて一つの作品と捉えると納得出来る。

画質は全編CGアニメーション作品にしてはそれほど高い解像感は得られない。音質は冒頭のテーマ曲からバランスが良く、広がりのあるサウンドを気持ち良く聴かせてくれる。

この作品、3Dを前提に作られており、一部の劇場でも3D上映されていたので真の魅力は表現しきれていない。

Blu-rayでも3Dヴァージョンと専用グラスを用意して頂きたかった。

ディズニーは今年米国でリリースされるBlu-ray『ハンナ・モンタナ』でこの3D環境をきちんと用意している。


画質:8.7
音質:9.5
内容:5



Blu-ray 【 ヘアスプレー 】

▼パッケージ表
Blu-ray Hairspray -1

▼パッケージ裏
Blu-ray Hairspray -2

▼ディスク1
Blu-ray Hairspray Disc -1

▼ディスク2
Blu-ray Hairspray Disc -2


 2層(BD50)    コーデック:VC-1     シネスコ(2.35:1 )   

【音声】

①英  語 DTS-HDマスターオーディオ 7.1ch (48KHz/1.5Mbps)
②日本語 DTS-HDマスターオーディオ 5.1ch (48KHz/1.5Mbps)

【字幕】
日本語 ・英語・一緒に歌おう

【内容】
ハマる!ハジケる!ハチキレル!?満足度最“大”級
ノンストップ・ハッピー・エンタテインメント!

ヘアスプレー企業が提供する大人気のTV番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演することを夢見る16歳のトレイシー。ダンスだってオシャレだって申し分ない彼女には、1つだけ問題が・・・それはBIGすぎるサイズ!ところが、偶然番組のホストの目に留まり、ショーへの出演が決定!愛しのアイドル、リンクと共演?!美人でスリムなライバル母娘が仕掛けた罠からトラブルに巻き込まれ、やがては警察から指名手配まで受けることに・・・。そんな中、アメリカ中が憧れる一大イベント、“ミス・ヘアスプレー”を決める大会日がやってきた!

【収録時間】
本編:114分
特典映像
  【Disc1】本編+映像・音声特典
監督&ニッキー・ブロンスキーによる音声解説、未公開シーン集、ダンスシーンの舞台裏、振り付けレッスン~ステップ・バイ・ステップ~、一緒に歌おう!ミュージック・チャプター、ヘアスプレーの舞台裏♪見ながら解説♪
  【Disc2】 映像特典
ヘアスプレーのルーツ、ロング・ジャーニー・オブ・ヘアスプレー、予告編

【キャスト・監督 他 】

監 督:アダム・シャンクマン
製 作:アダム・シャンクマン、クレイグ・ゼイダン、ニール・メロン
脚 本:レスリー・ディクソン
オリジナル脚本: ジョン・ウォーターズ(1988年映画版)/マーク・オドネル(ミュージカル版)
振 付:アダム・シャンクマン
作詞/作曲: マーク・シェイマン
出 演:ジョン・トラヴォルタ(山寺宏一)、ニッキー・ブロンスキー(塩田朋子)、ミシェル・ファイファー(淵崎ゆり子)、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン

原 題:Hairspray
製作年:2007年
発売日:2008/04/04

              (SPEソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

■感想
始まりは1988年のジョン・ウォーターズ監督のカルト的映画。
その後ブロードウェイでミュージカル化され、2003年度トニー賞で作品賞、主演女優賞、主演男優賞などに輝いた。現在もロングラン中で、昨年夏には渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて来日公演が行われ大盛況だった。今回、新たにミュージカル版を映画化したのがこの作品である。
これが素晴らしい出来で、滅多にない事なのだが舞台版より良いと感じる。
映画館で思わずスタンディング・オベーションしそうになったくらいだ。

あからさまな差別や偏見が存在した60年代のアメリカを舞台に、人気TV番組のダンサーを目指す天真爛漫な太めの女子高生とその周囲の賑やかな人間模様を描くのだが、全てがウィットに富み重さ感じさず明るく楽しい。全ての登場人物がキュートで魅力的。人と違うとゆう事が、どれほど貴重で素晴らしい事か。

主演はオーディションから選出され今作がデビューのニッキー・ブロンスキー。オープニングの遠景ショットから始まる“Good Morning Baltimore”から見事な歌を聞かせてくれる。なんとも気持ちの良いオープニングだ。久々のミュージカル映画出演となるジョン・トラヴォルタの「母親役=エドナ」も話題のひとつ(この役は伝統的にオリジナル版映画、舞台版共に男優が演じている)。X-MENサイクロプス役のジェームス・マースデンはこんなに歌えるなんて知らなかった(『魔法にかけられて』でも披露している)。公民権運動を連想させるクイーン・ラティファの魂の歌、クリストファー・ウォーケンの父親像、ディズニーチャンネルのTV映画『ハイスクールミュージカル』でブレイクしたザック・エフロンの清々しい魅力、ミシェル・ファイファーのヒールぶり、アマンダ・バインズ演ずるペニーの可愛らしさ・・・等など。
どこを取っても魅力満載だ。

振付もいい。アダム・シャンクマン監督は元々ダンサー・振付家で今作では自ら振付もしている。
踊れる為、映像のテンポが素晴らしいのだ。テンポはミュージカルでは重要。舞台であれば踊りだけではない、舞台装置や転換までも音楽に乗っていないと高揚感が出ない。ミュージカル映画であれば映像が音楽に上手く乗っていないとミュージック・ビデオみたいになってしまう。リズム感・テンポ感のない監督は大抵それで躓いている。作品のテーマ・脚本・スコア・衣装・振付・キャスト等、全てにおいて近年稀に見る傑作となっている。
国内盤Blu-rayの仕様は、待ちきれずに購入した▼北米盤BD『Hairspray』と同じ。日本語吹替え・字幕の追加、ディスク面のデザインが違うだけである。

やや質感に欠ける感はあるが、発色も良く、色彩の豊かさを堪能できるトーンになっている。
バラエティに富み、広がりを感じるサウンドは、これぞミュージカル映画の醍醐味。
ラスト、圧巻の“You Can’t Stop the Beat”で気持ちよく〆た後は、充実した特典も楽しんで頂きたい。
Picture in Picture機能(♪見ながら解説♪)で本編を再生しながら小窓で見る製作秘話も高く評価したい。ダンスレッスンで振付を覚えたら、必ず踊りたくなるはず。

隔離ではなく融合を最高のキャスト、ナンバー・ダンス・脚本を以って高らかに謳うBlu-ray『ヘアスプレー』。 これは間違いなく今期No,1のお奨めタイトル。

画質:9-
音質:9.5
内容:10

「♪You Can't Stop The Beat」(From Hairspray)





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

お帰りの際にクリックお願いします

当サイト内検索

ごあいさつ

次世代光ディスク Blu-ray Disc(ブルーレイ・通称BD)。 未体験の超高画質ハイビジョン映像、迫力のサウンド。
お手に取る際の参考までに。

視聴機器・環境や趣向で印象が変わりますので、あくまで個人的な感想です。
画像は、スキャンしトリミングしたものです。画像の二次使用厳禁。

CHOBI

Author:CHOBI
現在の紹介BDソフトは 369 タイトルです。

▼現在の視聴環境

【評価人① CHOBI】

LVP-HC5500(1080p)
80 inch Screen
&
Panasonic VIERA TH-P46VT2

PS3(120G)&BDZ-AX1000
SONY TA-DA5400ES
YAMAHA+ONKYO 7.1ch
----------------
【評価人② MYRO】

VPL-HS60(720p)

VPL-VW85(2010/10月分~)

100 inch Screen

BDZ-X90
SONY TA-DA5400ES
JBL+YAMAHA 6.2ch



▼リンクフリーですが、コメントでご一報いただけると幸いです。

― 管理人 CHOBI ―

カテゴリー

カテゴリー2

全記事表示

リンク

相互リンク

月別アーカイブ

Amazonで探す

Amazonで購入

Amazon(日本)輸入盤BD

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。