上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 Blu-ray ヘアスプレー (2枚組)US盤 】
【 Blu-ray HAIRSPRAY 2-Disc SHAKE&SHIMMY EDITION US Import 】 

▼パッケージ表
Blu-ray Hairspray -1

▼パッケージ裏
Blu-ray Hairspray -2

▼表(化粧ケースを付けた場合)
Blu-ray Hairspray -3

▼裏(化粧ケースを付けた場合)
Blu-ray Hairspray -4

▼ディスク1
Blu-ray Hairspray Disc 1

▼ディスク2
Blu-ray Hairspray Disc2



  2層     コーデック: VC-1   ワイドスクリーン(2.35:1)

【音声】
①英 語 DTS-HD Master Audio 7.1 ch (48KHz/1.5Mbps/24bit)

【字幕】
English SDH, English, Spanish

【内容】

1988年のジョン・ウォーターズ監督による同名作品を原作とするトニー賞受賞ブロードウェイ・ミュージカルを豪華キャストで映画化した痛快コメディ。あからさまな差別や偏見が存在した60年代のアメリカを舞台に、人気TV番組のダンサーを目指す天真爛漫な太めの女子高生とその周囲の賑やかな人間模様を描く。主演はオーディションから選出された新鋭ニッキー・ブロンスキー。また本作で久々にミュージカル映画へ出演したジョン・トラヴォルタが驚異の特殊メイクで母親役に扮していることでも話題に。
1962年、米メリーランド州ボルチモア。ダンスとオシャレに夢中な16歳の女子高生トレーシーは、ヘアスプレー企業が手掛ける人気テレビ番組“コーニー・コリンズ・ショー”に出演し、憧れのリンクと踊ることを夢見ていた。そしてある日、彼女は母エドナの反対を押し切り、番組のオーディションに参加する。しかし、その太めな体型から、番組の中心メンバーであるアンバーと彼女の母で番組も仕切っているベルマに追い払われてしまう。ところが一転、番組ホストの目に留まり、レギュラー・メンバーに抜擢されたトレーシーは一躍注目の存在に。だが、そんな彼女の成功が面白くないベルマとアンバー母娘は様々なトラブルを仕掛け、ある時ついに大事件が発生する…。

『ヘアスプレー 公式HP』

【収録時間】
本編:117分
特典映像: (初 Picture in Picture ) Feature-length audio commentary from director and choreographer Adam Shankman, star Nikki Blonsky and producers Craig Zadan and Neil Meron、Deleted scenes with audio commentary from director and choreographer Adam Shankman and star Nikki Blonsky、 "You Can't Stop the Beat: The Long Journey of Hairspray" documentary、 "Step By Step: The Dances of Hairspray" featurette offering how-to dance instruction、 "Hairspray Extensions" featurette, giving viewers dance breakdowns、Jump to a song with optional sing-along feature、"The Roots of Hairspray" featurette、Interactive menus、Theatrical trailer

【キャスト・監督 他 】
監 督:アダム・シャンクマン
製 作:アダム・シャンクマン、クレイグ・ゼイダン、ニール・メロン
脚 本:レスリー・ディクソン
オリジナル脚本: ジョン・ウォーターズ(1988年映画版)/マーク・オドネル(ミュージカル版)
振 付:アダム・シャンクマン
作詞/作曲: マーク・シェイマン

出 演: ジョン・トラヴォルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン

原 題:Hairspray
製作年:2007年
発売日:2007/11/20

(New Line Home Entertaiment)

■感想

視聴後UP致します

画質:―
音質:―
内容:―

    「♪You Can't Stop The Beat」(From Hairspray)


「ヘアスプレー・オフィシャルガイド」
盛り沢山な内容+3曲のPV・メイキングを含めた豪華DVD付き!


スポンサーサイト

Blu-ray 【 レジェンド・オブ・ゾロ 】

▼パッケージ表
Blu-ray The Legend of Zorro 1

▼パッケージ裏
Blu-ray The Legend of Zorro 2

▼ディスク面
Blu-ray The Legend of Zorro Disc


 2層  コーデック:AVC  HDワイドスクリーン(2:35:1)   

【音声】
①英 語リニアPCM5.1ch
②英 語DD5.1ch
③日本語Dolby TrueHD5.1ch


【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
最強の敵にゾロが再び立ち上がる!!
アクション・アドベンチャー超大作!

命をかけて戦い続けてきたゾロだったが、マスクを捨て平穏な生活へと戻ろうとしていた。
その頃、世界征服を企む秘密結社が強大な力を蓄え、アメリカ転覆を狙っていた。ついに魔の手は、彼の家族にまで及び・・・。
一度はヒーローを諦めた男が、再び愛する者、そして、自由と民衆のために立ち上がる!!

【収録時間】
本編:130分
特典映像:マーティン・キャンベル監督と撮影監督により音声解説、撮影の舞台裏(4種)、シーンの解体(2種)、未公開シーン(4種/音声解説付き)、予告編集

【キャスト・監督 他 】

監 督:マーティン・キャンベル
製 作:スティーブン・スピルバーグ
出 演:アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ルーファス・シーウェル
原 題:THE LEGEND OF ZORRO
製作年:2006年
発売日:2007/11/21

(SPEソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

■感想

本編に入る前に、愛馬に乗ったゾロが「Z」の文字を刻むシーンが良く、期待感も膨らむ。
「マスク・オブ・ゾロ」の続編だが、前作の純粋な冒険活劇度は少し落ちており、趣が異なる。
ヒーロー、ゾロも私生活では妻=エレナに離婚を迫られ酒びたり、グダグダ。
すっかり所帯染みた姿に。
だが決して悪いわけではなく、等身大のグダグダ姿とゾロである時のギャップは魅力的に感じる。
愛馬トルネードと共にコメディ度も増しており、可愛らしい。
幼い息子ホアキンの逞しさも、跡継ぎを期待させる。結局、家族団結して闘う姿はどこかで観た様な気もするが・・・。

血は一切流れないので、安心して3世代揃って楽しめる内容。
特に家で肩身の狭い世のお父さん方にはぴったりなのではないでしょうか。

少し尺が長い。最近の映画は平気で2時間を越えているが、テンポが悪くなるので不必要な部分は極力カットして欲しい。欲張りたい気持ちも解るが、間延びする。

アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズは歳を重ねても相変わらずセクシーで、美しく格好良い。High-Defで観るにふさわしい。(ニコラス・ケイジはもう結構)

画質は中々綺麗。色彩も豊かで、アップのシーンでは立体感もほどほどにある。
ただ、引きのシーンなどで若干フォーカスが甘くなる点はマイナス。
音質は、迫力も十分で良いのだが、欲を言えばもう少し透明感が欲しいところ。
メニュー画面は凝っており楽しい。

画質:8.7
音質:8
内容:8





Blu-ray 【 ハリーポッターと不死鳥の騎士団 】

▼パッケージ表
BD Harry Potter and the Order of the Phenix 1

▼パッケージ裏
BD Harry Potter and the Order of the Phenix 2

▼ディスク面
BD Harry Potter and the Order of the Phenix Disc


 2層   コーデック:VC-1   シネスコ(2.4:1)

【音声】

①英 語DD5.1ch
②英 語リニアPCM 5.1ch (48KHz/4.6 Mbps)
③日本語DD5.1ch
④仏 語DD5.1ch
⑤ドイツ語DD5.1ch
他(イタリア語・スペイン語・オランダ語・デンマーク語 他)

【字幕】
日本語 ・英語・フランス語・ブラジル語・中国語・韓国語 他 

【内容】

“― 史上最強のファンタジー” 
― Peter Travers, ROLLING STONE

壮絶なバトルがついに始まる!ハリーの本当の秘密、解禁。
“史上最強のファンタジー”壮絶なバトルがついに始まる!


遂に魔法戦争勃発!
ヴォルデモート卿が復活するも、それを信じない魔法省は真実から人々を遠ざけ、更にホグワーツを監視するために闇の魔術に対する防衛術の新任教師としてドローレス・アンブリッジを送り込む。
ところがアンブリッジの教える防衛術は迫り来る闇の魔術に対しては余りにも不十分で、ロンとハーマイオニーに説得されたハリーは選抜した少数のメンバーと共に、きたる魔法戦争に備えるべく秘密の訓練を開始する。
善と悪がぶつかり合い、息をのむほどの頂上決戦が待ち受けるJ・K・ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズ第5章を見事に映像化。
魔法戦争に備えよ!

【収録時間】
本編:約138分
特典映像:フォーカス・ポイント(High-Def)、トンクスと行く不思議ツアー(High-Def)、メイキング(44分)、未公開シーン集(High-Def)
編集にチャレンジ

【キャスト・監督 他 】
監督: デイビッド・イェーツ
製作デイビッド・ヘイマン:
出演: ダニエル・ラドクリ、フルパート・グリント、エマ・ワトソン、トム・フェルトン、ヘレナ・ボナム=カーター、レイフ・ファインズ
原題: HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
製作年:2007年
発売日: 2007/11/21

(ワーナー・ホーム・ビデオ)

■感想

評価① by chobi

『ハリー・ポッター』シリーズも5作目(5年目)に突入。
1~4は劇場で拝見、原作は3作目まで読みましたね。
ロンドンが大好きで、度々足を運びますが何度訪れても飽きません。
パリでもイタリアでもなく、絶対ロンドン。
渋さと曇った空とまずい英国料理(イングリッシュ・ブレックファーストとマッシュルームスープは美味しい)がたまらん。劇場街や田舎街も素敵。動き易さも魅力です。
訪れた方はお解かりになると思いますが、あの不思議な雰囲気。一歩小道に入ると、そこに別世界への入り口があるかの様。箱庭みたいなんですよね。
そして、歴史的な事もありファンタジーやオカルト好きな国民性。ハリー・ポッターの世界が実際に存在するかの様な魅力があります。
是非、じっくりと訪れてみて下さい。物価は高いですが。

今回の不死鳥の騎士団だが、映像的な見せ場は引き続きあるのだが、どうも話が進行しない。
主役3人の成長は毎回観る度に面白い点だが、こちらもいまひとつ。
前作でも登場したハリーの名付け親であるシリウス(ゲイリー・オールドマン)との関係は感動的だったが、今回は・・・・。
魔法省から派遣されたアンブリッジのクソババア振りにイラッとし、やけに印象に残ってしまう。
尺は長めだが、今後への布石でしかない感を受ける。

画質は、最新作かつCGを多様しているので一見綺麗。
だが、シーンによって輪郭が甘い。暗部はギリギリ。

ボグワーツの校舎デザイン(階段など)の立体感が欲しい。ビットレートも低い。
Blu-ray向けの良い素材だけに本当に勿体ない。もっと良く出来るはずだ。
ワーナーはそろそろVC-1、ms、HD DVDを卒業し、もう一段上を目指して欲しい。あえて今回は辛目にさせていただいた。

音質は、非常に柔らかく、広がり・迫力も備え良好。
ただ、収録言語が多すぎる。世界共通とゆう事だろうか。

画質:8
音質:8.8
内容:6.8
---------------------------------------------

評価② by MYRO

作品の性質なのか、コントラストが今までの所有ワーナー作品とは桁違いに良く、立体感も向上しているように感じる。
穏やかな森の緑からハリーの青い瞳に渡り発色も良く、メリハリ効いてる。解像感もそこそこ。
人混みなど、引きのシーンがあるが、細部描写が良い。
今回は、比較的画質が良い反面、CGそのものに見えたり、合成部分と実写部分の違いが分かってしまうのはご愛嬌かもしれない。

音質だが効果音は優秀。割と静かに静かに話すシーンが多いため、少々言葉が聞き取りにくい。
台詞の音量に比べ効果音の音量が大きく、要注意。
次回、アンプ側のナイトモードを試してみたいところ。
絵良し音良しで買って損はない作品と言える。今回はワーナーが頑張ったので甘目。

画質:9
音質:8
内容:8




Blu-ray 【 ハリーポッターと炎のゴブレット 】

▼パッケージ表
BD Harry Potter and the Goblet  of Fire 1

▼パッケージ裏
BD Harry Potter and the Goblet  of Fire 2

▼ディスク面
BD Harry Potter and the Goblet  of FireDisc


 2層   コーデック:VC-1   シネスコ(2.4:1)

【音声】

①英 語DD5.1ch
②英 語リニアPCM 5.1ch (48KHz/4.6 Mbps)
③日本語DD5.1ch
④仏 語DD5.1ch
⑤ドイツ語DD5.1ch
他(イタリア語・スペイン語・オランダ語・デンマーク語 他)

【字幕】
日本語 ・英語・フランス語・ブラジル語・中国語・韓国語 他

【内容】

“創造力という名の翼を持った、究極のエンターテイメント。”
―Robger Ebert,“EBERT & ROEPER”

暗黒の支配者、ついに復活―。
史上最大のスケールで描かれる激動の第4章!

世界の三大魔法学校が魔力を競い合う伝説のイベント“三大魔法学校対抗試合”の開催が決定した。
“炎のゴブレット”が各校の代表選手を選び出す中、立候補すらしていないハリー・ポッターがなぜか代表の一人に選ばれてしまう。
かくしてハリーは、火を吐くドラゴンとの対決、深い湖へのダイビング、そして呼吸する不気味な迷路からの脱出などの試練に挑むことに。不穏な空気の中、ついに“例のあの人”が蘇り、運命の対決が迫りくる。
J.K.ローリング原作の『ハリー・ポッター』シリーズ第4作目となる本作では、これまでのシリーズとは一変。
ハリー、ロン、ハーマイオニーは少年期に永遠の別れを告げ、これまで経験したことのない数多くの局面に直面することに。

【収録時間】
本編:約157分
特典映像:メイキング、代表者たちの一日、名前を言ってはいけないあの人、ダンスパーティの準備、キャストたちとの出会い、4作目のこと、未公開シーン集

【キャスト・監督 他 】
監 督: マイク・ニューウェル
製 作: デイビッド・へイマン
原 作: J・K・ローリング
出 演: ダニエル・ラドクリ、フルパート・グリント、エマ・ワトソン、トム・フェルトン
原 題:HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE
製作年:2005年
発売日:2007/11/21

(ワーナー・ホーム・ビデオ)

■感想

『ハリー・ポッター』4作目(4年目)。
4作目以降は原作を読んでないが、毎回分厚さを増している。
それを脚本・映画化するのは至難の業だろう。
シリーズ途中から、もう限られた尺でその内容を映画化するのは無理、担当する監督もいないのではと言われいた。
実際、監督は交代している。

今回の『ハリーポッターと炎のゴブレット』は、5作品の中では少しトーンが違う。色味を押さえた冷たく暗い画となっており、異色。
いよいよヴォルデモートが復活し、闇の部分へ突入した事を嫌がおうにも感じさせる。難しいながら、上手くまとめていると感じる。

この冷たいトーンの画は、最新作より好み。
ただ、当然暗部シーンが多くなるため厳しい部分はあるのだが、なんとか大丈夫。不死鳥の騎士団より良好と感じる。

所有のDVDをアプコンしたものと比べてみると、潰れて見えなかったシーンも見える事が分かった。

音質(PCM)もとても良い。DD5.1chも聴いてみたが、可笑しいくらい差が歴然だった。

画質:8.2
音質:8.8
内容:8





Blu-ray 【 迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ 】

▼パッケージ表
Blu-ray 迷い婚 -1

▼パッケージ裏
Blu-ray 迷い婚 -2

▼ディスク面
Blu-ray 迷い婚 Disc



1層   コーデック:VC-1  ビスタサイズ(1.85:1)   

【音声】
①英 語DD5.1ch
②日本語DD5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語・吹替用字幕

【内容】
ジェニファー・アニストン×ケビン・コスナーが贈る等身大の結婚ラブコメディ!
誰もがきっと、迷った分だけ幸せになれるはず!

ニューヨーク・タイムズで働くサラ・ハッティンガー(ジェニファー・アニストン)は、恋人ジェフ(マーク・ラファロ)からプロポーズされ、「本当にこのまま結婚していいの?」と悩む日々が続く。
ある日、妹の結婚式で帰郷したサラは両親の結婚をまつわるとんでもない噂を耳にする。どうやら、サラの家族は、映画にもなった小説『卒業』のモデルらしい。サラの亡き母が結婚式直前に連れ去られた花嫁で、サラの祖母が主人公の青年を誘惑したミセス・ロビンソン。
両親の結婚の真相を解明することは、自分らの結婚の答えを導くヒントとなるかもしれないと思い、サラは当時の噂の相手を見つけ出し、直接話を聞こうと思い立つのだが…。

【収録時間】
本編:約97分
特典映像:オリジナル劇場予告編

【キャスト・監督 他 】
監 督:ロブ・ライナー
製 作:ジョージ・クルーニー
出 演:ジェニファー・アニストン、 シャーリー・マクレーン、 マーク・ラファロ、 リチャード・ジェンキンス、 ミーナ・スバーリ、 ケビン・コスナー、キャシー・ベイツ
原 題:RUMOR HAS IT…
製作年:2005年
発売日:2007/02/09

                (ワーナー・ホーム・ビデオ)

■感想

チャールズ・ウェブの小説が原作のダスティン・ホフマン主演『卒業』。
この小説や映画にはモデルとなった実話があるとゆう設定。
(*『卒業』は拝見しておりません)
 
サラ(ジェニファー・アニストン)は、弁護士のジェフとゆう婚約者がいるにもかかわらず、結婚に踏み出せない。理由は疑問に感じている自分のルーツ探すため。その点が大筋なのだが、その焦点・動機・目的がぼけており理解に苦しむ。
マリッジブルー(まだ正式に婚約出来ていないのだが)と考えれば、辻褄の合わなさも理解は出来ないこともない。

ただ、、この自分探しはグズグズと結婚から逃げる為の口実に過ぎない様に感じる。
親子三代に渡り、同じ男(ケビン・コスナー)と寝るなど、面白いエピソードは満載だ。シャーリー・マクレーンの格好いい物腰のイケテル祖母は見所。

しかし、本作はあくまで女性主体の作品だ。(単に我がままとも言う)
申し分ない恋人がいて結婚にも乗り気な男性に対し、いざ結婚となると躊躇していまう。そんな女性陣は世の中多いるだろう。

たいてい男には理解できない理由で。フィアンセのマーク・ラファロも好演しているだけに、余計にそう感じる。でも女にとっては理屈ではないわけで・・・。
良質の出演陣もあり、楽しめる良作である事は間違いない。
佳作だけに、邦題が悪過ぎるのが欠点。
画質・音質は・・・可もなく不可もなく。

画質:6
音質:6
内容:8




Blu-ray 【 ラスト サムライ 】

▼パッケージ表
Blu-ray The Last Samurai -1

▼パッケージ裏
Blu-ray The Last Samurai -2

▼ディスク面
Blu-ray The Last Samurai  Disc


2層   コーデック:VC-1    シネスコ(2.4:1 )   

【音声】
①英 語DD5.1ch
②日本語DD5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
かつて世界がうらやむようなまばゆい男たちが日本にいた。
トム・クルーズ演じるネイサン・オールグレン大尉は、かつて南北戦争で国と名誉のために命を賭けた英雄であった。
しかし、今や戦争も終わり、移り変わる時代に取り残されていた。
そんな彼が政府に雇われ、サムライと戦うために日本にやって来た。
渡辺謙(アカデミー助演男優賞ノミネート)演じる勝元は、サムライ一族の長であり、深く尊敬されている男だ。
明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元はサムライの時代の終わりを察知していた。
しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。
そして二人の戦士が出会い、運命がひとつに重なった時、歴史の扉が開いた…。
監督のエドワード・ズウィックは、この情感溢れる近代日本の幕開けを描いた一代叙事詩を見事に描き、ナショナル・ポート・オブ・レビュー賞監督賞を受賞した。

【収録時間】
本編:154分
特典映像:音声解説、ドキュメンタリー:歴史とハリウッド、サムライを作った二人、トム・クルーズ:サムライの旅、サムライの時代と再現、サムライの衣装、帝国陸軍の訓練、軍人からサムライへ、エドワード・ズウィック:ビデオ日記、未公開シーン集、日本プレミア、劇場予告編

【キャスト・監督 他 】
監 督:エドワード・ズウィック
製 作:エドワード・ズウィック
脚 本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック
出 演:トム・クルーズ、渡辺謙、小雪、真田広之
原 題: THE LAST SAMURAI
製作年:2003年
発売日: 2007/08/10

              (ワーナー・ホーム・ビデオ)

■感想

あくまでハリウッド製戦国時代劇。
封建社会から近代化に向かう中で、美しき精神・文化・価値観を守り抜こうとした最後の侍たちの戦い。この映画では移り変わろうとしているそれとの対立をデフォルメしている為、作品そのもののテーマがぼやけてしまっている。

舞台は違うものの「ダンス・ウィズ・ウルブス」のそれを彷彿されるが、すべての要素が未消化になっている印象を受ける。

ネイティブアメリカン掃討で傷心のネイサン。
勝元との出会いをきっかけに、ここ日本で何を感じ命を懸けてそれを守ろうとしたのかが不明瞭。
時代・文化考証にも首を傾げる。書寫山圓教寺など家屋などだいぶマシな部類には入るが、やはりありえないものが散見。釈迦尊の地蔵などはありえないもの。戦闘シーンは日本ロケではないため(ニュージーランド)まるで熱帯雨林の様な「自然」の奇妙さにも目が付く。

たか役の小雪が清楚で古風な日本人女性の雰囲気を良く醸し出しているのだが、ネイサンとのキスシーンはそれを愚弄するものであり、未だに蝶々夫人を抜け出しておらず不快。

ファンタジー・アドベンチャー・アクション・コメディとして観れば楽しめる。本人達は大真面目に造っている「様な」だけに、笑ってしまった。
ハリウッド製の日本趣味な映画として斜めから楽しむのが吉。

渡辺謙、小雪、真田広之が好演しているだけに非常に残念。脚本に難あり。
ただ評価したい点は、これは私が常に思っている事だが、「近代化・国際化=西洋化ではない」と訴えてる点。これは大いに評価したい。

画質面だが、正直微妙。ワーナーの過去タイトルでは頻繁にみられるDVDをアプコンした様な画。勿論それよりは確実に良いのだが、よほどこの作品に思い入れがない限りBlu-ray版を購入するメリットはないだろう。ぼやけたシーンが多い為、拝見していて気持ちが悪くなる。

音響面もそこそこサラウンド感もあるが、貧弱。
日本語音声は、英語音声に日本語を重ねたもの。2ヶ国語音声を両方オンにした様な面白い仕様。公式によると<ボイスオーバー>となっている。


画質:6.2
音質:6
内容:5





Blu-ray 【 ライアンを探せ! 】

▼パッケージ表
Blu-ray THE WILD -1

▼パッケージ裏
Blu-ray THE WILD -2

▼ディスク面
Blu-ray THE WILD Disc



 1層   コーデック:MPEG-4 AVC   ワイドスクリーン   

【音声】

①英 語リニアPCM
②英 語DD5.1ch
③日本語リニアPCM
④日本語DD5.1ch
⑤タイ語DD2.0ch
⑥ポルトガル語5.1ch

【字幕】
英語・日本語・日本語吹替用・タイ語・中国語・インドネシア語字幕・マレー語・韓国語・ポルトガル語

【内容】

ここニューヨーク動物園の人気者はライオンの親子“サムソンとライアン”。武勇伝が自慢の勇敢な父にコンプレックスを抱く息子の、父へのちょっとした反抗が、ある日大事件に!ライアンは、危険とは無縁の動物園を出て、ワイルドな野生世界で暮らせば自分も勇敢になれると思い“緑の箱”(トラックに積まれたコンテナ)に乗って外の世界に行こうとサムソンを困らせる。ある日、“緑の箱=コンテナ”に入り込んだライアン。しかし、鍵がかかってトラックは動きだしてしまう!!サムソンは必死に追いかけるが金網にはばまれ、トラックは夜の街へと消えて行く。サムソンと一致団結してライアンを探そうと決断する動物園の仲間たち。こうして彼らの動物園からニューヨークの街へ、そして未知なるジャングルへと続くライアン救出の旅がはじまった。果たして、サムソンと仲間たちの運命は・・・。そして、ライアンを無事救えるのか・・・。

【収録時間】

本編:82分
特典映像:未公開シーン、音声解説、ミュージック・クリップ、製作の舞台裏

【キャスト・監督 他 】

監 督: スティーヴ・“スパッツ”・ウィリアムズ
出 演: (声)キーファー・サザーランド / 平田広明、ジム・ベルーシ / 郷田ほづみ、エディ・イザード / 根本泰彦、ジャニーン・ガロファロー / 岡寛恵、ウィリアム・シャトナー / 菅生隆之、リチャード・カインド / 青山穣、グレッグ・サイプス / 畠中祐
原 題:THE WILD
製作年:2007年
発売日:2007/04/25

(ブエナ ビスタ ホームエンターテインメント)

■感想

ディズニーのディズニーによるセルフパロディー。
何のパロディかとゆうと『ライオンキング』です。
随所にその片鱗があり、知っている方はニヤッとするはず。
実際、NYの街並みにミュージカル『ライオンキング』の看板がデカデカと登場しています。

哺乳類・鳥類はモフモフと。爬虫類・両生類はみずみずしく。その質感が素晴らしい。
背景も動物園・NYの摩天楼・大海原・ジャングルと楽しめます。
コアラのおっさんが何とも憎たらしい。見事なおっさんぶり。

画質は非常に綺麗です。
ストーリー性は低いですが、1本でフルCGの様々な映像が観ることが出来る作品です。
ライアンの吹替えの平田広明さん(『フレンズ』『ジョーイ』のジョーイ役、『ER』のカーター、ジョニー・デップ、『ワンピース』サンジ等)が良いですね。
選曲のセンスが良いと思います。
万人受けする作品ではないとは思いますが、映像は素晴らしいと思います。

画質:9
音質:8
内容:6




Blu-ray 【 ダイ・ハード4.0 】

▼パッケージ表
Blu-ray Die Hard4-1

▼パッケージ裏
Blu-ray Die Hard4-2

▼ディスク面
Blu-ray Die Hard4 Disc

▼BOX表
Blu-ray Die Hard Box-1


2層  コーデック:MPEG-4 AVC  HDワイドスクリーン(2.35:1)

【音声】

①英 語DTS HD マスター・オーディオ(ロスレス)5.1ch
②日本語DTS(劇場公開<野沢那智>バージョン)5.1ch
③日本語DTS(DVDオリジナル<樋浦 勉>バージョン)5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
全米震撼のサイバー・テロ発生 - また、運の悪い男が帰ってくる!
独立記念日前夜。
ワシントンDCのFBI本部に設置されたサイバー犯罪部に異変が起こった。
交通、通信、原子力、水道などあらゆる全米のインフラを監視するシステムに何者かがハッキングを仕掛けてきたのだ。
そのころ、ニューヨーク市警のジョン・マクレーン警部補は、しばらく連絡を取っていない娘ルーシーが気がかりで、管轄外にあるニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。
その時、FBIから「付近に住むハッカーの身柄を確保し、FBI本部に連れて行け」という無線連絡が入る。
これが不運の始まりだった―


【収録時間】
本編:約129分

【キャスト・監督 他 】
監 督:レン・ワイズマン
製 作:アーノルド・リフキン/ウィリアム・ウィッシャー
出 演:ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモシー・オリファント
原 題:Live Free or Die Hard
製作年:2007年
発売日:2007/11/7

(20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)

■感想①by chobi

視聴後UP致します

画質:―
音質:―
内容:―

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■感想②by MYRO 
*この度、評価人が増えました。同一所有タイトルでレヴューして戴きます。視聴環境が異なりますので、それぞれ近い環境においてご参考になれば幸いです。管理人chobi


グレイン少なめの映像で、色調に極端な偏りはなく自然に近い発色。
コントラストにメリハリがあり建物、人物の肌に立体感があります。
解像感もそこそこと全体的にバランスが良い。
昼間のシーン、真っ暗なシーン、夜景ありのシーンとモニター調整用に適した素材。
激しいアクションシーンやVFXシーンでも高画質を維持しており次世代感を感じ取れる作品。
台詞や効果音が非常に良く調整されており迫力満点かつ聞き取りやすい。
このクオリティならDVD版との違いがはっきり出ており購入の価値は大きい。
(DTS-HDをDTSにて視聴)

画質:9
音質:9
内容:8





Blu-ray 【 ダイ・ハード3  】

▼パッケージ表
Blu-ray Die Hard3-1

▼パッケージ裏
Blu-ray Die Hard3-2

▼ディスク面
Blu-ray Die Hard3 Disc


2層 コーデック:MPEG-4 AVC  HDワイドスクリーン(2.35:1)    

【音声】

①英 語DTS HD マスター・オーディオ(ロスレス)5.1ch
②日本語DTS 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
マンハッタン 爆破 ― 世界一、運の悪い奴。今度はニューヨークが戦場だ!!
ダイ・ハード シリーズを誕生させたジョン・マクティアナン監督とブルース・ウィリスが再びコンビを組んでおくる、シリーズ最大級のアクション&ノンストップ・スリル!
ニューヨークの5番街。
朝の買い物客で賑わうデパートが突然、爆破された。
サイモンと名乗る爆弾テロリストが、爆破場所を地下鉄、小学校と次々に指定し、大都市ニューヨークを巻き込んだ爆破計画を開始する。
その予告爆破を阻止すべく、マクレーン刑事は立ち上がった…。
共演はマクレーン刑事の相棒役に『パルプ・フィクション』のサミュエル・L・ジャクソン、敵役テロリストには『運命の逆転』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェレミー・アイアンズが扮している。

【収録時間】
本編:129分
特典映像:音声解説、ブックマーク、もうひとつのエンディング、メイキング映像集、劇場予告編&TVスポット集、FOX予告編集、隠しコマンド

【キャスト・監督 他 】
監 督:ジョン・マクティアナン
製 作:マイケル・タッドロス
出 演:ブルース・ウィリス、サミュエル・L.ジャクソン、ジェレミー・アイアンズ
原 題:Die Hard: With a Vengeance
製作年:1995:年
発売日:2007/11/7

(20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)

■感想

監督がジョン・マクティアナンに戻りましたね。

2作目との設定の繋がりがありませんので、単品で観ても大丈夫。
前作まではほぼ孤独な闘いでしたが、今回はサミュエル・L.ジャクソン扮する黒人の相棒が登場しています。マクレーンはすっかりささくれたオジサンに。額もどんどん後退している。

ドラマ部分を削減した分、冒頭から趣向を凝らしたのアクションシーンの連続で飽きさせない。
ユーモアもあり息抜きも出来る。細かい事は気にせず楽しむのが吉。
フィルムっぽさが残るが、それぞれの質感も良く綺麗。

ただ、アップ良いが引きのシーンでは、ややぼやけた感じになる。
輪郭はあまり強調せずナチュラル。シーンによってバラつきがあるかもしれない。

画質:8.5
音質:8(JP dts)
内容:8.5





Blu-ray 【 ダイ・ハード2 】

▼パッケージ表
Blu-ray Die Hard2-1

▼パッケージ裏
Blu-ray Die Hard2-2

▼ディスク面
Blu-ray Die Hard2 Disc



2層  コーデック:MPEG-4 AVC  HDワイドスクリーン(2.35:1)      

【音声】
①英 語DTS HD マスター・オーディオ(ロスレス)5.1ch
②日本語DTS 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
ワシントンD.C. ダレス空港 パニック ― また、戦場へ来てしまった運の悪い奴!

クリスマス・イブのワシントンD.C.―ダレス空港に非常緊急事態発生!
麻薬王の釈放を要求し、テロリスト集団が猛吹雪の中、航空管制塔を占拠した。
管制塔の機能は完全にマヒ、大パニックに陥った空港内に"あの男"がいた―!
ご存知DIE HARDER-ジョン・マクレーン刑事の縦横無尽の活躍を、よりハードに、よりダイナミックに描く。
ブルース・フィリスが再び当たり役ジョンを熱演、監督にはレニー・ハーリンが大抜擢された。
旅客機の空中大爆発、滑走路の大火災、機上での大格闘、そしてスノー・モービルでの大追跡戦!
制作費6000万ドルを費やし、前作を上回るスケールと迫力、どんでん返しとスペクタクルで観るものを圧倒する!

【収録時間】
本編:124分
特典映像:音声解説、ブックマーク、未公開シーン集、メイキング映像集、劇場予告編&TVスポット集、FOX予告編集

【キャスト・監督 他 】
監 督: レニー・ハーリン
製 作:ローレンス・ゴードン/ジョエル・シルバー/チャールズ・ゴードン
出 演: ブルース・ウィリス、ボニー・ベデリア、ウィリアム・アザートン
原 題:Die Hard 2 : Die Harder
製作年:1990年
発売日:2007/11/7

(20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)

■感想

引き続き、日本語dtsで視聴していきます。
ダイ・ハード シリーズ2作目。また懲りない男が帰ってきた。

こちらも画質はノイジーな印象。
1990年製作と17年前の作品とゆうことを考えれば、素晴らしい出来だと思います。

画質・音質ともに1作目とほぼ同じ感想。

日本語吹替えにも慣れ、少しツボにはまりつつあります。
脱出シートで空中に投げ出されるシーンの「うおおお~、おっかねえよう~~~~」には、思わず笑ってしまった。

画質:8
音質:8 (JP dts)
内容:9





Blu-ray 【 ダイ・ハード 】

▼パッケージ表
Blu-ray Die Hard-1

▼パッケージ裏
Blu-ray Die Hard-2

▼ディスク面
Blu-ray Die Hard Disc

▼BOX裏
Blu-ray Die Hard BOX-2


2層  コーデック:MPEG-4 AVC  HDワイドスクリーン(2.35:1) 

【音声】
①英 語DTS HD マスター・オーディオ(ロスレス)5.1ch
②日本語DTS 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!

地上40階、超高層ビル占拠― たった一人、運の悪い男がテロリストに立ち向かう!
クリスマス・イブの夜、LAのハイテクビルを最新兵器で武装した謎のテロリスト集団が襲った!
彼らの要求を拒んだ重役たちは即座に射殺された。なすすべもなく脅える30人の人質たち。
だが、ビルの中にはNYの非番警官ジョン・マクレーンがいた。
外部との連絡がいっさい遮断された中、マクレーンはただ一人自らの命を賭けた戦いを挑んだ!!
監督はジョン・マクティアナン、撮影は後に『スピード』の監督に抜擢されたヤン・デ・ボン。 主演はこの作品で一躍トッピスターとなったブルース・ウィリス。
20世紀最高のノンストップ・ハード・アクションの決定版!

【収録時間】
本編:133分
特典映像:音声解説、ブックマーク、ニュース映像の舞台裏、スライド・ショー、劇場予告編&TVスポット集、FOX予告編集

【キャスト・監督 他 】
監 督:ジョン・マクティアン
製 作:ローレンス・ゴードン/ジョエル・シルバー
出 演:ブルース・ウィリス、ボニー・ベデリア、アラン・リックマン、 レジナルド・ベルジョンソン
原 題:Die Hard
製作年:1988年
発売日:2007/11/7

(20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)

■感想

『ダイ・ハード4.0』が、英語dts-HDに加え、日本語DTS(劇場公開<野沢那智>バージョン)5.1ch&日本語DTS(DVDオリジナル<樋浦 勉>バージョン)5.1ch と面白い仕様になっているので、今回はブルース・ウィリスのセクシーな声が聴けませんが、4.0に向け日本語dtsで視聴していきます。(1~3の吹替えは樋浦 勉)

いよいよBlu-rayで発売されましたね。「ダイ・ハード」シリーズ、結構好きなんですよね。
これまでFOXのBlu-rayは期待外れタイトルが多く、落胆することが度々ありました。
良い作品を多く持っているが故に、今後が不安でしたがようやく本腰入れてくれたようです。

画質はさすがにノイジーな印象を受けます。
ですが、1988年製作と約20年前の作品とゆうことを考えれば、素晴らしい出来だと思います。
フォーカス・輪郭の甘さは感じますが、良いマスターが存在しなければ、おそらくこれ以上は望めないかも知れません。時代を考えれば、もう少し加点しても良いかも。SD(DVD)とは雲泥の差。
音声は、先に記した通り日本語dts。
何処となくドライな印象ですが、雰囲気がありますね。
サラウンド感は良好。迫力も十分。トップメニューがなく、本編再生まで少々時間を有すのは改善して欲しいですが、満足度は非常に高いです。

ひとつ気になる点が、価格設定。
今回BOXで購入したが、そのメリットがない事。単品で揃えても変わらないですね。
BOX自体も紙製ですし、邪魔。SPEのスパイダーマン・トリロジーBOXの様なお得感と満足度はありません。こちらも改善していただきたい。

画質:8
音質:8(JP dts)
内容:8.5




Blu-ray 【 サイレントヒル ULTIMATE BOX 】

▼BOX表
Blu-ray SILENT HILL-1

▼パッケージ表
Blu-ray SILENT HILL-2

▼ブックレット
Blu-ray SILENT HILL-3

▼Blu-ray Disc(Disc4)
Blu-ray SILENT HILL Disc


2層  コーデック:MPEG-2     ワイドスクリーン(2.35:1)

【音声】
①英 語DD5.1ch
②英 語リニアPCM
③英 語DD2.0ch
④日本語DD5.1ch

【字幕】
日本語・日本語吹替え用

【内容】

全米震撼!!恐怖の次元を超える衝撃作!
世界中を恐怖で震え上がらせた、コナミの大ヒットゲームの完全映画化。
クリストフ・ガンズ監督初め、世界の超一流スタッフが集結。
独創的な映像美と秀逸なストーリー展開で、未曾有の恐怖が襲い掛かる!!
最愛の娘・シャロンが、悪夢にうなされて叫ぶ「サイレントヒル......」という奇妙な言葉。母親のローズはその謎を解くため、シャロンを連れてウェストバージニア州に実在する街・サイレントヒルを訪ねる。しかし、全くひと気がなく、深い霧に覆われたその街は、一度足を踏み入れたら抜け出すことのできない呪われた迷宮だった。
そこで失踪してしまったシャロンの身を案じるローズは、おそるおそるサイレントヒルを探索するうちに、想像を絶する恐怖に見舞われていく---。
なぜ、シャロンはこの街で姿を消したのか?なぜ、この街は廃墟と化したのか?30年にも及ぶ、サイレントヒルに隠された呪われた秘密とは?果たして、ローズはシャロンを見つけ出し、この街から脱出することができるのか......。

【収録時間】
本編:126分(Blu-ray Disc)
特典映像:『Path of Darkness』63分(Blu-ray Disc)

+(SD)本編Disc、特典Dsic①、特典Disc②=計4枚組

【キャスト・監督 他 】

監 督:クリストフ・ガンズ
製 作:サミュエル・ハディダ
出 演: ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン、ショーン・ビーン、 デボラ・カーラ・アンガー
原 題:SILENT HILL
製作年:2006年
発売日: 2006/12/13

(ポニー・キャニオン/SHV 松竹)

■感想

BD(Blu-ray) 目当てで、半額で購入。
Blu-rayの仕様は、2層 MPEG-2 リニアPCM収録
SD(DVD)3枚を含む、計4枚組。
原案となったゲームは知らないのだが、大変興味深い作品。
ホラー映画に入りますが、実はドラマ性が根底に深く流れています。「母子愛」そして「妄信的になる信者への警告」です。(実際、宗教の特定はしていませんが、明らかにキリスト教・カトリック)
冒頭からラストまで、まったく飽きさせない。
ラストの意味深なエンディングに、続編を期待させる。

結構グレインがのっているのだが、作品の画作りと相成って全く気にならない。
DVDだと潰れていたシーンが多かったが、BD版はさすが!

サイレントヒルに入ってからが見物で、降り注ぐ灰・クリ―チャー、火、壁など、それぞれの質感の違いが見事に再現されている。

灰色がかった映像美が素晴らしく、芸術的ですらある。
サイレンの音など、PCMで迫力があり恐怖感を助長させる。

ビットレートが常時30Mbps以上をキープしていた事には驚かされる。
この価格でこの出来、そして豪華な特典ディスク、ブックレットなど、満足度はかなり高い。

ただ、BDの通常のケースで、コンパクトかつスリムに収納したいところ。



画質:8.5
音質:8.5
内容:9





Blu-ray 【 バベル 】

▼パッケージ表
Blu-ray BABEL -1

▼パッケージ裏
Blu-ray BABEL -2

▼ディスク面
Blu-ray BABEL Disc


 2層   コーデック:MPEG-4 AVC   ビスタサイズ(16:9)   

【音声】

①英 語Dolby TrueHD5.1ch
②英 語リニアPCM5.1ch
③日本語DD2.0ch


【字幕】
日本語・日本語劇場公開版

【内容】

それは、一発の銃弾から始まった―
事件は、モロッコから、東京―
そして、メキシコへ―

はじまりはモロッコ。夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。言葉も通じず、医者もいない辺境で妻の命を懸命に救おうとするリチャード。一方でこの発砲事件の犯人を米国人を狙ったテロリストと断定した、モロッコ警察たちの捜査が始まる・・・。
銃の持ち主を辿ると、意外なことに東京で聾唖の娘(菊地凛子)と二人きり暮らす、ある会社役員(役所広司)に行き着いた。彼は数年前に自殺で亡くした妻について未だ事情徴収を受けていた・・・。
そしてその頃、リチャードとスーザンの帰りを待つ幼い子供たちは、息子の結婚式に出席する乳母にメキシコへと連れられる。刺激的な異文化を楽しむ二人、しかし、彼らにも生死を分ける思いもかけない事態が待っていた・・・。

一発の弾丸が、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本へと、さらなる問題を誘発しながら広がっていく。途方もない混乱の中、それぞれが結びついたとき、物語は息をのむラストへと加速する―。

【収録時間】
本編:143分
特典映像:予告編

【キャスト・監督 他 】

監 督: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出 演: ブラッド・ピットケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッザ
原 題:BABEL
製作年:2006年
発売日:2007/11/02

(GAGA ギャガ・コミュニケーションズ)

■感想

劇場で拝見しておりますが、非常に好みが分かれそうな作品ですね。
バベルの塔は旧約聖書の「創世記」11章に記されています。
元来、人間は同じ1つの言葉で話していた。
人間は天まで届く塔を造り名誉・名声を高く上げ、全地のおもてに散るのを免れようと考えた。神はこの塔を見て、言葉が同じことが原因であると考え、人々に違う言葉を話させるようにした。このため、彼らは混乱し、世界各地へ散っていった。
この作品では、人々は様々な言語で話し、人間同士の断絶と孤独を描こうとしている様。

ストーリーは、モロッコ、メキシコ、東京でそれぞれ展開されるが、ひとつの糸で繋がっている。
サスペンス映画ではなく、「ロスト・イン・フラストレーション」の様な映画と言えば想像がつきやすいかもしれない。
初見の際には、結構観るのがしんどかったと感じたが、何故か不思議とまた観たくなる。

なにか頭の中をえぐり取られる様な感覚、天界から小さな人間を見ている感覚をおぼえます。

どのエピソードにも吸い込まれるものがある。メキシコ編における、ベビーシッター役のアドリアナ・バラッザの演技は素晴らしい。
同じくメキシコ編のガエル・ガルシア・ベルナル(「バッド・エデュケーション」「キング 罪の王」)も存在感を残す。
バベルの塔の記述を踏まえた場合、東京編のエピソードが印象的。聾唖の少女が「手話とゆう言語」で話し、断絶と孤独と繋がりを菊地凜子が「強烈な」存在感を以って訴えてくる。
この東京編のラストに映し出される高層マンションが、視覚的にバベルの塔に見えてくる。
ただ、この東京編だけ、何か浮いている感もある。

起承転結が明確にある作品ではない為、意味不明と感じる方も多いとは思うが、この作品に答えはなく、ただ何かを感じれば良いのだと思う。
どこで何かを感じるかは観た人により様々なはず。

坂本龍一による音楽が良い。作品と見事に合っており、いやがおうにも作品の世界へと引きずり込ませる。

画質面では、想像していた通りの画。
グレインが多く乗っており、非常にフィルムライク。作品に合っているかもしれない。ただ、もう少しメリハリが欲しいところ。
ビットレートは総じて高い。
音質は、ナチュラルで抜けが良く、艶があり素晴らしい。
これは、同じくGAGAから発売される「オペラ座の怪人」も期待出来そう。

*必ず部屋を明るくしてご覧下さい。

画質:7.8
音質:9
内容:8.5




RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

お帰りの際にクリックお願いします

当サイト内検索

ごあいさつ

次世代光ディスク Blu-ray Disc(ブルーレイ・通称BD)。 未体験の超高画質ハイビジョン映像、迫力のサウンド。
お手に取る際の参考までに。

視聴機器・環境や趣向で印象が変わりますので、あくまで個人的な感想です。
画像は、スキャンしトリミングしたものです。画像の二次使用厳禁。

CHOBI

Author:CHOBI
現在の紹介BDソフトは 369 タイトルです。

▼現在の視聴環境

【評価人① CHOBI】

LVP-HC5500(1080p)
80 inch Screen
&
Panasonic VIERA TH-P46VT2

PS3(120G)&BDZ-AX1000
SONY TA-DA5400ES
YAMAHA+ONKYO 7.1ch
----------------
【評価人② MYRO】

VPL-HS60(720p)

VPL-VW85(2010/10月分~)

100 inch Screen

BDZ-X90
SONY TA-DA5400ES
JBL+YAMAHA 6.2ch



▼リンクフリーですが、コメントでご一報いただけると幸いです。

― 管理人 CHOBI ―

カテゴリー

カテゴリー2

全記事表示

リンク

相互リンク

月別アーカイブ

Amazonで探す

Amazonで購入

Amazon(日本)輸入盤BD

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。