上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Blu-ray 【 サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版:ブルーレイ&DVDセット  】

▼アウターケース
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-1

▼パッケージ表 
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-2

▼パッケージ裏
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-3

▼Blu-ray 1
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-Disc1

▼Blu-ray 2
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-Disc2

▼DVD 1
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-Disc3

▼DVD 2
Blu-ray_The_Sound_of_Music_45th_Aniv-Disc4




 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC  シネスコ(2.20:1)   

【音声】

①英  語 DTS-HDマスターオーディオ(ロスレス) 7.1ch
②日本語 DTS 5.1ch(1985年バージョン)
③日本語 DTS 5.1ch(2006年バージョン)

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】

美しいオーストリア・アルプスの大自然に楽しい歌声がこだまするミュージカル映画の最高峰!
この感動は永遠に―。

製作45周年を記念して製作されたHDニューマスター版。
最新のテクノロジーで再現された最高のクオリティとコンテンツでブルーレイ&DVDに!

ブルーレイならではの特典映像が満載!

【ブルーレイDisc-1】
■インタラクティブ:“あなたのお気に入り” 
 ・メイキング・ミュージック:画像で巡る旅 ・シング・アロング体験・トリビア
 ・このシーンの撮影場所は?
■ミュージック・ボックス ■シング・アロング
■ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、シャーミアン・カー、ディー ・ディー・ウッド、ヨハネス・フォン・トラップによる音声解説
■ロバート・ワイズ監督による音声解説

【ブルーレイDisc-2】
■メイキング・ガイド:「ミュージカルステージ」 
 ・歌・ショウ・家族・・復元
■バーチャル・ツアー:「町と歌」
■ビンテージ映像集:●『サウンド・オブ・ミュージック』ドキュメンタリー集
 ●ロジャース&ハマースタイン:ミュージカル・コレクション 
 ・“サウンド・オブ・アメリカン・ミュージック”(1985年)
 ・“サウンド・オブ・ムービーズ”(1996年)
■秘蔵映像・音声集
●ジュリー・アンド・キャロル・アット・カーネギーホール:プラット・ファミリー合唱団
●ジュリー・アンドリュース・アワー:マリア・フォン・トラップを迎えて 
●スクリーン・テスト集 ●ジュリー・アンドリュースによるイントロダクション
●オーディオ・インタビュー集・撮影現場からのライブ・インタビュー・1973年再公開時のインタビュー:ジュリー・アンドリュースとロバート・ワイズ・ロルフ役ダニエル・トゥルーヒット:想いを電報にのせて・脚本アーネスト・リーマン:ストーリー・テラー
●スティル・ギャラリー ●ムービートーン・ニュース:“アカデミー賞” 
■プロモーション映像集:●オリジナル劇場予告編集●TVスポット集●ラジオ・スポット)
+DVD&DIGITAL COPY(期間限定:2011年12月3日まで)

【収録時間】

本 編:175分
特 典:上に記載

【キャスト・監督 他 】

監督・製作:ロバート・ワイズ
脚 色:アーネスト・リーマン
作 曲:リチャード・ロジャース
作 詞:オスカー・ハマースタインII世
出 演: 出演(※声の出演:2006年バージョン/1985年バージョン)ジュリー・アンドリュース(島田歌穂/武藤礼子)、クリストファー・プラマー(布施明/金内吉男)、シャーミアン・カー(華原朋美/玉川砂記子)、エリノア・パーカー(増子倭文江/増山江威子)、リチャード・ヘイドン(坂部文昭/永井一郎)
原  題:The Sound of Music 45th Anniversary Edition
製作年:1965年
発売日:2010/12/03

  (20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社 )

【感想 by CHOBI】


公開から約半世紀を経て、世界中が待っていた作品がついにリリース。

オリジナルネガから8K解像度でスキャンする所から始まり、丁寧に修復され色鮮やかに、新しいHDサウンドと共に甦ったサウンド・オブ・ミュージック。

広大なロングショットからのマリアの“The hills are alive~”の第一声で鳥肌が立った。
木々や山々は豊かな彩り。初めて判る衣服の生地。
修道院やトラップ邸の装飾の質感も見事。

ひとつひとつの構図が完璧で、光の使い方も絶妙。
淡い光も高精細で余すことなく表現される。
夜のトラップ家庭園での青の美しさ、薄暗い修道院での深い陰影には見惚れるばかり。

原版からリマスターし7.1ch化された音声は、太く伸びやか。 
ロジャース&ハマースタインの生み出した素晴らしいナンバーの数々がロスレスで広がる。
やや声のパートの音量が低めと感じるが、演奏はリア・サラウンドバックをメインに、古い劇場の様に心地良く響く印象。
後半の“エーデルワイス”では涙がこぼれた。

貴重な映像・音声特典はどれも興味深いものばかり。
ヴァーチャル・ツアーは良く出来ているし、ブロードウェイ初演や映画化に至るまで、マリアご本人とジュリー・アンドリュースとの対談や共演、子役達の40年目の同窓会など、どれも飽きずに楽しめる。

クラシック映画独特の味わいとリストアの好バランス。
旧作ブルーレイのひとつの完成形と思えた。
プレミアムの名に相応しい、隅々まで堪能できる仕上がり。

画質:10
音質:9
内容:10








スポンサーサイト

Blu-ray 【 シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット 】

▼パッケージ表 
Blu-ray_Sherlock-Holmes_1

▼パッケージ裏
Blu-ray_Sherlock-Holmes_2

▼Blu-ray Disc
Blu-ray_Sherlock-Holmes_Disc1

▼DVD
Blu-ray_Sherlock-Holmes_DVD


 2層(BD50)   コーデック:VC-1  ビスタサイズ(1.85:1)   

【音声】

①英  語 DTS-HDマスターオーディオ 5.1ch
②日本語 DD 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】

最強の頭脳。最強のコンビ。最強の事件。
ロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウの2人によって、大胆かつ斬新な姿で甦ったホームズとワトソン。
あの伝説の名探偵が、超人的な頭脳の持ち主としてだけでなく、肉体派アクションヒーローとして難事件に挑む。面妖怪奇な手掛かり、冴え渡るホームズの推理、小気味良いセリフの応酬、息を呑むハードなアクション―。
ガイ・リッチー監督が改めて世に問う、誰も見たことのないワイルドな私立探偵。
見たまえ諸君、これが新生『シャーロック・ホームズ』だ!

【収録時間】
本 編:128分
特 典:メイキング、<フォーカス・ポイント>美術デザイン:ビクトリア朝後期のロンドン・原点に戻ったキャラクター像・ホームズの武術“バリツ”・パーフェクトなイギリス英語・唯一の女性:アイリーン・アドラー・新解釈の “シャーロック・ホームズ”・“シャーロック・ホームズ”が愛される理由・視覚効果:当時の再現
ムービーツアー(本編再生中に、ガイ・リッチー監督が画面上に登場して解説します。
フォーカス・ポイント、ピクチャー・イン・ピクチャー、フォトギャラリー、シャーロック・ホームズ関連年表などの特典も本編とともにご覧いただけます。)、ワーナー・ブラザースBD-LIVE、DIGITAL COPY、DVD

【キャスト・監督 他 】
監  督:ガイ・リッチー
製  作:ジョエル・シルバー
出  演: ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング
原  題:SHERLOCK HOLMES
製作年:2009年
発売日:2010/07/21

  (ワーナー・ホーム・ビデオ )

【感想 by CHOBI】

ホームズ役にロバート・ダウニー・Jr.、ワトソン役ににジュード・ロウを迎えガイ・リッチー監督で描く新しいシャーロック・ホームズ。
原作は拝読していないが、過去の映像作品などでイメージしていたホームズ像とは大きく違うワイルドなホームズが新鮮。どちらかというとワトソンが従来のホームズに近い感覚。

画質は十分美しいが故に、少しずつの不満が残る。
黒やグレーを基調とした彩色は、もう少しメリハリが欲しい。
この濃淡とコントラストが上がると、もっと深い映像になると感じる。
CGで再現された薄暗く雑然としたロンドンの街並みも大きな見所だが、ややフォーカスが緩い。
終盤の対決シーンでの迫力ある構図は、もっと奥行きと立体感を感じたい。
ただ、人物と合成背景が浮かない配慮であるのかも知れない。

サウンドは原語のみロスレスDTS-HD MA5.1chで収録。
こちらは中々のもの。序盤から独特な音楽の響きが良く期待が高まる。
全体的に硬質な印象を受け、低音も要所要所で唸る。
サラウンドは場面によってはベタな移動感で楽しませる。

特典はHD画質でメイキングを各種用意。
BD-LIVE、DIGITAL COPYも含まれまずまずの充実度。

一時薬物依存でスクリーンから姿を消していたロバート・ダウニー・Jr.。ヒーロー物への出演も続き、本格的に復活してくれた事がなによりも嬉しい。非常に才能溢れる役者なので、今後その演技力を生かした役柄での活躍も期待したい。個人的には「チャーリー」「愛が微笑む時」「オンリー・ユー」を是非Blu-rayで拝見したい。
また、変わらぬ美しさのジュード・ロウとロバートによるアンバランスな様で魅力的なコンビによるホームズのシリーズ化にも期待したい。

画質:8-
音質:9
内容:7

-------------------------------------

 【感想 by MYRO】
全体的に落ち着いたソフトフォーカスな映像。人物のアップこそメリハリがあるが、背景はコントラストが低め。
背景にはCGを駆使しているのだが、ソフトな映像のおかげで違和感なく実写部分とマッチしている。
コーデックにVC-1を採用しているのだが、ビットレートも少し低めなので若干改良の余地があるかもしれない。
 
音はBGMもすぐそこで鳴っているかのような音色の抜けの良さと、効果的にサラウンド効果を駆使しており聞き応え十分。
激しいアクションのあるシーンでは程よく低音もうなり、良く回る上に一つ一つの音もしっかりしており高音質。
残念ながら、日本語吹き替えはDolbyDigital収録なので格段に音質が下がってしまう。あくまでも英語音声での点数評価。
 
ロバート・ダウニーJr.とジュード・ロウと二人のビッグな俳優による競演は最初から最後まで物語に見る者を惹き付ける。
アクションシーンも予想以上に多く取り入れており、推理物の作品としては山あり谷ありと娯楽性の高い出来。
CGと実写を上手く合成し再現した1891年当時のロンドンの街並みは必見。

画質:7.5
音質:9
内容:8







Blu-ray 【 スペル 】

▼パッケージ表 
Blu-ray_Drag_Me_To_Hell-1

▼パッケージ裏
Blu-ray_Drag_Me_To_Hell-2

▼ディスク面
Blu-ray_Drag_Me_To_Hell-Disc

▼アウターケース
Blu-ray_Drag_Me_To_Hell-3



 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC  シネスコ(2.39:1)   

【音声】

①英  語 ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語 リニアPCM 2.0ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】

きっかけは老婆へのほんの小さな不親切― 逆怨みで言い渡されたある“呪文”(スペル)
史上最恐の3日間が、始まる・・・。

銀行のローンデスクで働くクリスティン。そこは現れたのはジプシー風の老婆。
クリスティンは、彼女の3度目の不動産ローンの延長願いをキッパリと断る。
すると老婆は態度を豹変。激怒し、飛び掛ろうとしたところを取り押さえられ、その場を追いやられた。
その夜、仕事が終わり駐車場に向かったクリスティンを待ちうけていたのはあの老婆。敵意むき出しに掴みかかる老婆に必死に対峙するクリスティン。しかしそれも力尽き、薄れゆく意識の中、聞きなれない呪文のようなものを聞く…。
その翌日、昨夜の不穏な告知通り、身に周りにおかしなことが起こりはじめたことを不安に思ったクリスティンは、謝罪するために老婆の家を訪ねるのだが、そこでは老婆の葬儀の最中だった。
老婆の孫娘に「黙って報いを受けるのね」と冷たくあしらわれる。
その日から彼女に最悪な出来事が起きる。果たして彼女は呪文を解き、生き残ることができるのか・・・。



【収録時間】
本 編:ディレクターズカット版99分/劇場版99分
特 典:約64分 
メイキング(プロダクション・ダイアリー) 撮影の裏側を出演者のジャスティン・ロングが案内!―鼻血/霊視の世界の内側/特殊メイク/ジャスティン・ロングの横顔/泥まみれのアリソン/悪夢/アリソンのワイヤースタント/駐車場での格闘/ヤギ/セットツアー:霊媒の大広間/パズル・カー/アリソンを地獄へ/サウンドデザイン
インタビュー サム・ライミ監督/アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング、オリジナル予告編、日本版予告編、TVスポット


【キャスト・監督 他 】
監  督:サム・ライミ
製  作:ロバート・タバート
出  演:アリソン・ローマン 、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー、ディリープ・ラオ
原  題:DRAG ME TO HELL
製作年:2009年
発売日:2010/04/23

  ( 東北新社

【感想 by CHOBI】

ホラー界の奇才サム・ライミによる最新作。
呪文をテーマに新たな世界観で観る者に衝撃を与える。
BDはディレクターズカット版と劇場版を両収録。

画質は、まずまず。
意外と自然な発色でホラー作品としては視聴しやすいが、どこか白っぽく色が抜けた印象。
不気味な特殊メイクなどの質感は充分に出ているが、意図的な画作りなのか不明だが暗部の締りがない様に思える。
青みがかった映像や赤は良く出ている為、もう少し黒系が締まると良かったのではないだろうか。

サウンドは英語DTS-HD MA 5.1chと日本語吹き替えPCM 2.0chで収録。
ホラー映画として十分な音響効果を得られる。
比較的良く回り、不気味に軋む音に四方から取り囲まれ、巧みに恐怖感を煽る。
全体的にシャープな音が攻撃的に襲い掛かる。

不親切から始まった老婆の呪いとショッキングな演出の連続。
音と映像で驚かす。
良くも悪くも「死霊のはらわた」のサム・ライミ監督らしい、馬鹿馬鹿しさとチープさ。
笑いながら驚くのが正しい見方かもしれない。

画質:7-
音質:8.5
内容:6
-------------------------------
【感想 by MYRO】

全体的に明るめの映像。他のBlu-rayソフトと比較しても黒がやや浮くほどに明るいように感じた。
ホラー映画だがBlu-rayのメリハリの良さ、高コントラスト、鮮やかな発色で最初に違和感を覚えてしまった。
勿論、だからといってDVDで見たいわけでもなく、はっきりくっきりに映像を楽しんだのだが・・。
Blu-ray化にあたり、販売メーカーも調整を行ったのだろうが、ジャンル的にもう少しフィルムライクでも良かったかも。
 
台詞の音質もクリアで驚かせる効果音もダイナミックに鳴り響き高音質。
ホラー映画ではBlu-rayのロスレス音声の生々しさと臨場感、広いダイナミックレンジが作品の怖さを数段引き上げてくれる。
Blu-rayだと映像も勿論怖いのだが、音が怖すぎる。同じハイビジョンでも放送番組との一番の違いはBlu-rayが高音質であることだ。
 
内容だが、コンスタンティンとエクソシストを足して2で割った感じの映画。勿論、サム・ライミエッセンスも追加して。
音があまりに怖くて何度も跳び上がったのだが、怖い映画というよりは個人的には楽しく驚きながら視聴。
宣伝で「怖い」と期待値が高かった為、多少の物足りなさこそあるが、久しぶりにサム・ライミのホラーが視聴できて満足。
本作に関係ないが、同監督制作の「30デイズナイト」の早期Blu-ray発売を望む。
ホラー好きの方へ参考のために、同月発売の怖いBlu-rayを順に並べると4th Kind>REC2>スペルと感じた。監督のファンなら・・。

画質:8
音質:8
内容:7






Blu-ray 【 スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション 】

▼パッケージ表
Blu-ray_STAR_TREK_1

▼パッケージ裏
Blu-ray_STAR_TREK_2

▼ディスク 1
Blu-ray_STAR_TREK_Disc1

▼ディスク 2 
Blu-ray_STAR_TREK_Disc2



 2層(BD50)×2   コーデック:MPEG-4 AVC   シネスコ(2.35:1)

【音声】
①英 語ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語DD 5.1ch
③タ イ 語DD5.1ch
④音声解説DD 2.0ch

【字幕】
日本語・英語・吹替用日本語・インドネシア語・広東語・ヒンディー語・韓国語・北京語・マレー語・タイ語・吹替用タイ語・音声解説(英語字幕)・音声解説(日本語字幕)・音声解説(韓国語字幕)

【内容】
「スタート・レック」は純粋に映画を作るという高揚感が爆発し、心底楽しむだけに観れる非常に魅力的な作品だ。

農場出身の元非行少年、ジェームス・カーク(クリス・パイン)と半分バルカン人で半分人間という若者、スポック(ザッカリー・クイント)は宇宙艦隊のメンバーとしてはまだ駆け出しだ。
この若者2人は最新鋭の宇宙船、U.S.S.エンタープライズの処女航海に旅立つ。
新世界を探査し新しい生命と文明を求める驚くべき銀河の航海で、復讐に燃えるネロ(エリック・バナ)と遭遇する。
ネロはすべての人類を脅かし破壊しようと復讐に命を懸けていた。
2枚組のディスクには新しい特典映像を収録。
スリルとアクション満載の「スター・トレック」の世界にどっぷり浸かり、今まで体験したことのない世界を満喫しよう!

―ピーター・トラバース(ローリングストーン誌)

【収録時間】
本 編:127分
特 典:
【Disc.1】
J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク、アレックス・カーツマン、デイモン・リンデロフ、ロベルト・オーチーによる音声解説・BD-Live(英語のみ)

【Disc.2】(約221分)
人類未踏の地へ・キャスティング・新たなビジョン・宇宙船・異星人・惑星・小道具と衣装・ベン・バートとスター・トレックのサウンド・音楽・ジーン・ロッデンベリーのビジョン・削除シーン(音声解説つき)・宇宙艦隊船シミュレーター(英語のみ)・NG集・劇場用予告編集

【キャスト・監督 他 】
監 督:J・J・エイブラムス
製 作:J・J・エイブラムス、デイモン・リンデロフ
出 演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、レナード・ニモイ、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー
原 題:Star Trek
製作年:2009年
発売日:200/11/06

  (パラマウント ジャパン)

【感 想 by CHOBI】
劇場版「スター・トレック」の新たな船出。
監督は「LOST」「FRINGE/フリンジ」等のJ.Jエイブラムス。
オリジナルクルーのビギニングとして新たな魅力を引き出した。

画質は、非常に優秀。
高い透明感と滑らかな諧調で魅せ、Blu-rayの実力を最大限に活用していると感じさせる。
ソフト発売に先立ちwowowとSTAR CHANNEL HVで異例のHV放送がされた。
BD視聴前にwowowエアチェックを拝見してみたが、幕開けからその次元の違いに目を見張った。
冒頭から一つの画面上に複数の光源とその明滅がある画が多い。
放送ではその複数の光源と被写体への照りが同化してしまい平坦で不明瞭と感じたが、Blu-ray版はそれらの難しい表現が明瞭かつ巧みに統制され魅入ってしまった。
単に監督の表現方法であるのかも知れないが、初めからBDでの高画質化に挑む事を前提にしての画作りなのではとさえ思えた。
光の表現・陰影の明瞭さが、奥行きのある映像にそのまま結びつく。

宇宙空間に浮かび上がるエンタープライズ号と人物のアップでは、そのままが目の前にある様なリアリティを持つ。
複雑なデザインの敵戦艦の立体感・散ってゆく残骸の精細さも見事。
前後方向の奥行きも素晴らしいが、上下方向の奥行きでは吸い込まれそうな感覚に陥る。
遠くに浮かぶ夕暮れ、星雲の諧調と滑らかさも美しい。
宇宙空間・戦艦内部・雪原と異なるタイプの映像いずれも統制が取れていると感じられる。

サウンドは、ロスレスのTrueHD5.1chで収録。
以外と保守的なサウンド設計の様で、多少面白みに欠けると感じたが、台詞・効果音・BGMとも明瞭。
ただ映像に対して、もっと中音域が弾み移動感が多く感じれると更に良かったと思えた。その為か、多少詰った感覚が残るかも知れない。
個人的にはこのシリーズをドラマ作品として捉えている為、あまり違和感はなかった。
44分辺りの火柱が地表を襲うシーンで、センターがブリブリと鳴ったのは面白い。
出来れば吹き替えもロスレスで収録して頂きたい。

特典も充実。
本編ディスクには、音声解説とBD-LIVE。BD-LIVEは英語のみでNASA NEWS。
同封の特典ディスクも全てHD画質で豪華な内容。
本作にも登場している、オリジナルのスポック役レナード・ニモイらと振り返る「人類未踏の地へ」、苦労したであろうキャスティングの経緯などを収録。NG集ではキャストの可愛らしい一面も見る事が出来る。削除シーン集(監督の音声解説付き)も必見。

単なるSFというジャンルを超え、人間とは何か・人類の存在理由は何かという果てしない探求心を問い続けるスター・トレック。
本作はお馴染みオリジナルクルーの若き日を正統派で描いた。
やんちゃで血の気の多い若き日のカークを演じたクリス・パインも魅力的。
TV版・劇場版の全作のファンだが、作品の構築・BDのクオリティ共に素晴らしく、127分が短く感じ非常に楽しめた。
劇場第1作までを繋ぐ新シリーズとして続いて欲しいと思える魅力的な作品。

画質:10
音質:8.5
内容:9.5

-----------------------
【感 想 by MYRO】

程好く鮮明な映像。
色合いも不自然さはなくバランス良く鮮やかで解像感もまずまず。
操縦室では作り物に見えてしまう程にはっきり見えてしまうかも。

音質は、台詞は少し遠い感じ。
サラウンドもSFジャンルとしては派手さが足りない感じがした。わざとらしいほどに回るくらいがジャンル的に好ましいと思う。(個人的に期待が高かったので)
ワープの瞬間の低音が気持ちよくサブウーファが鳴ったのには満足。

原作ファンに怒られそうだが、過去作品のテンポの悪さがなくなり快適に感じた。
人物紹介~乗船~戦闘までの流れが巧く、第0章「ビギニング」としての出来は素晴らしいと思う。昔楽しんだスタートレックを思い出しながら今作も楽しんだが、初見の方にも楽しめる出来だと思う。
子供から大人はもちろん、主人公達が若くリフレッシュされ恋愛要素まで加わった今作は女性にもおすすめ。

画質:8.5
音質:7.5
内容:8






RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

お帰りの際にクリックお願いします

当サイト内検索

ごあいさつ

次世代光ディスク Blu-ray Disc(ブルーレイ・通称BD)。 未体験の超高画質ハイビジョン映像、迫力のサウンド。
お手に取る際の参考までに。

視聴機器・環境や趣向で印象が変わりますので、あくまで個人的な感想です。
画像は、スキャンしトリミングしたものです。画像の二次使用厳禁。

CHOBI

Author:CHOBI
現在の紹介BDソフトは 369 タイトルです。

▼現在の視聴環境

【評価人① CHOBI】

LVP-HC5500(1080p)
80 inch Screen
&
Panasonic VIERA TH-P46VT2

PS3(120G)&BDZ-AX1000
SONY TA-DA5400ES
YAMAHA+ONKYO 7.1ch
----------------
【評価人② MYRO】

VPL-HS60(720p)

VPL-VW85(2010/10月分~)

100 inch Screen

BDZ-X90
SONY TA-DA5400ES
JBL+YAMAHA 6.2ch



▼リンクフリーですが、コメントでご一報いただけると幸いです。

― 管理人 CHOBI ―

カテゴリー

カテゴリー2

全記事表示

リンク

相互リンク

月別アーカイブ

Amazonで探す

Amazonで購入

Amazon(日本)輸入盤BD

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。