上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Blu-ray 【 30デイズ・ナイト 】

▼パッケージ表 
Blu-ray_30Days_Night-1

▼パッケージ裏
Blu-ray_30Days_Night-2

▼ディスク面
Blu-ray_30Days_Night-Disc



 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC  シネスコ(2.40:1)   

【音声】

①英  語 ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語 ドルビーTrueHD 5.1ch
③音声解説 DD 2.0ch


【字幕】
日本語 ・英語・日本語吹き替え用・音声解説用

【内容】

死ぬか、生きるか―。
血に飢えたヴァンパイアの群れが太陽の昇らない〈極夜〉の街を襲う!
逃げる場所は、もうどこにもない―。

30日間の極夜をサバイブする
究極のヴァンパイア・アクション!

北米最北端の地、アラスカ州パロウ そこは、冬になると決して太陽が昇る琴のない30日間の極夜が訪れる。
この街を守る二人の保安官であり、夫婦でもあるエバンとステラは極夜の始まる日、何者かによって飼犬数十頭が惨殺されるという不可解な事件に遭遇する。さらに突然の停電と、電話回線の遮断。事態を解明すべく発電所に急行したエバンが目にしたのは、無残に変わり果てた管理人の姿だった―
それは、迫りくる悪夢の序章に過ぎなかった。
極夜の暗闇に乗じて、血に飢えた襲撃者たちが凄惨な殺戮を開始する。それは、歴史の闇を司るヴァンパイアの集団だった。生き残りを賭けて、わずかに残った人間たちとヴァンパイアの壮絶な死闘が、今始まる・・!


【収録時間】
本 編:113分
特 典:約52分 プリプロダクション、バロウの街を作る、映像へのこだわり、特殊メイクの舞台裏、スタント、ヴァンパイアの創造、極夜の撮影、キャスト、日本版劇場予告編

【キャスト・監督 他 】
監  督:デヴィッド・スレイド
製  作:サム・ライミ 
出  演:ジョシュ・ハートネット、メリッサ・ジョージ、ダニー・ヒューストン、マーク・ブーン・Jr. 、ベン・フォスター 
原  題:30 Days of Night
製作年:2007年
発売日:2010/10/ 06

  (ポニー・キャニオン )

【感想 by CHOBI】

この作品の予告編を随分前に観てから歳月が流れたが、ようやく国内盤のソフトがリリース。
閉ざされた街にヴァンパイアとなかなかの正統派のホラー作品。

画質は、非常に良好で美しい映像。
極小の粒子感を残し、解像感も高い。
色味の少ない落ち着いた色調の中で、赤がより印象的に映る。
太陽の堕ちた極夜の街が舞台となるが、暗部も締まりながら、潰れず綺麗な階調で見せてくれる。
雪に閉ざされた街の静寂が非常にリアリティを以って展開された。

音声は、英語・日本語吹き替え共にドルビーTrue HD 5.1chで収録。
音を吸収する雪の中で、極力派手な音響は控え静けさを重視。
四方から鳴る音は距離感が的確。低音はまろやかで、遠くの大地の地鳴りの様。
静寂の中での閉鎖感と的確なサラウンドで臨場感が高い。呼吸や声を抑えた会話とのコントラストが良く、恐怖心も増す。

特典は特殊メイクや極夜の撮影など、各種メイキングをHD画質で約52分収録と適度なボリューム。また音声解説も収録。

閉鎖された空間と30日間を生き延びてゆくシチュエーションに徹し、残虐シーンは直接見せない方がより方向性が明確になったのではないかとは感じた。
ストーリー自体はオーソドックスでエンディングも何処かで見た感も受けたが、画質・音質・音響設計の上質さがその設定の面白さと相俟りBDとしての満足度を高めてくれた。

画質:9
音質:9
内容:6.5

-------------------------------
【感想 by MYRO】
 
上品な感じのするフィルムライクな色調でいて且つ高い解像度は、見事に作品にマッチした絵作り。
深みのある黒に素晴らしい暗部階調でいながら暗闇の中で人物の肌の色やシミ、しわまで素晴らしい再現性。
作品タイトルの通り、ほとんどが夜の撮影なのだが、ぼやけることもなく高いコントラストをキープしているのが良い。
 
台詞は気持ち柔らかめの自然な音質、効果音はメリハリがあってジャンル的に出来がよい。
サラウンドを多用しているのだが、グルグル回るというよりは常に自然に鳴っている感じもした。
全体的には抜けも良く、音質面でも不満はない。
 
サム・ライミプロデュースのホラーとあって丁寧な作りで完成度が高い。
ヴァンパイアも特殊メイクは牙くらいと極力抑え、基本の顔がモンスターっぽい俳優にCG加工をさらっと行ったのがリアリティに繋がっている。
油断している所にど派手な効果音と共に、スピーディなヴァンパイアが登場するので思わず跳び上がってしまうことが何度も。
ジョシュ・ハートネットが今回はまり役と思えるほど好演。

画質:9
音質:8
内容:8






スポンサーサイト

Blu-ray 【 2012 ブルーレイ&DVDセット  】

▼アウターケース表 
Blu-ray_2012-1

▼アウターケース裏
Blu-ray_2012-2

▼パッケージ表 
Blu-ray_2012-3

▼パッケージ裏
Blu-ray_2012-4

▼ディスク面
Blu-ray_2012-Disc1

▼封入DVD
Blu-ray_2012-Disc2

▼リーフ
Blu-ray_2012-5




 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC  シネスコ(2.40:1)   

【音声】

①英  語 DTS-HDマスターオーディオ 5.1ch
②日本語 DTS-HDマスターオーディオ 5.1ch

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】

2012年12月21日──世界が終わる。
全世界60億人が直面する「世界週末の日」。
その時、あなたは──。

2009年、トップクラスの科学者のチームは、地球が間もなく滅亡に向かっているという事実をつかんでいた…。
2012年までにできるだけ多くの人類を救出するようにと世界各国のリーダーからの要請を受けていたが、人類すべてが救出されるのは不可能だということは明白な事実だった。
ジャクソン・カーティスが子供2人とイエローストーンに旅行中、偶然干し上がった湖底に建てられた巨大なリサーチ施設を発見する。
そして政府が隠蔽している、「世界が滅亡へ向かっている」という秘密を知ってしまう。

ジャクソンは自分の家族、自分自身の身を守る為に必死で生き残る術を模索しはじめるが、大地震、火山の噴火、津波など次々と恐ろしい天災が地球を襲ってくる…。

【収録時間】
本 編:158分
特 典:★マヤ暦 インタラクティブ・ゲーム ★マヤ暦 イントロダクション、★ローランド・エメリッヒのビジョン:ピクチャー・イン・ピクチャー(BONUSVIEW) 、★BD-LIVE
ローランド・エメリッヒ(脚本/監督)とハラルド・クローサー(共同脚本)による音声解説、未公開シーン集、もう1つのエンディング、メイキング・ドキュメンタリー集(世界の終わりの映像化、大作映画の巨匠:ローランド・エメリッヒ、世界の破滅を裏付ける科学、世界の終わりを体験した俳優たち)、ミュージック・ビデオ:アダム・ランバート“Time for Miracles”、予告編集
【封入特典】月刊ムー特別編集ブックレット「2012年の真実」(初回生産分限定)、2012年その後の世界地図入りポストカード(初回生産分限定)&本編DVD

★=BDのみの特典

【キャスト・監督 他 】
監  督:ローランド・エメリッヒ
製  作:ハラルド・クローサー
出  演:キウェテル・イジョフォー、 ジョン・キューザック、アマンダ・ピート
原  題:2012
製作年:2009年
発売日:2010/03/19
  
(SPE ソニー・ピクチャーズエンタテインメント )

【感想 by CHOBI】

ローランド・エメリッヒ監督による、ディザスター・ムービー最新作。
なんとも欲張りな映像の連続。望む映像は全て見せますといった画作り。
群像劇、家族愛も単純明快に詰め込み長尺も手伝い満腹状態。
サブストーリーも広げようとして、収拾がつかなくなっってしまったのだろうか。
伏線が雑。この辺りの群集の描き方は「アウトブレイク」の演出が巧かったと思う。
継父の存在も不憫で仕方がない。
実父役がジョン・キューザックでなければ、あるいは語らずともその点に説得力が出たであろう。
しかし、どこか抜けている作品に限って何度も視聴してしまうもの。

画質は、中々。
最新の技術を尽くしたディザスター・シーンのCGは圧巻で、脆くも崩れ去ってゆく文明の形跡の細部まで克明に映る。
劇場で拝見した時よりも高精細に感じられ、流して見るのが惜しいとさえ思えた。
一時停止して部分的に ズームしても面白そう。
黒色も良く締り、陰影表現も効果的だが、場合によっては潰れて見え難いと感じてしまうかも知れない。
意外と全体的に色温度が低く暖かい画。
実写シーンはダイナミックな色調で、フォーカスは甘く柔らか目。
劇場で観る際にはあまり感じないのだが、この監督のパニック映画は、どことなく同じ傾向に感じる。
見所であるCGは過去の災害映画に比べ、その進化に関心し圧倒されるが、被写体の線や画調にバラつきは感じる。
しかし、フルHDで投射して観るCG描写の精細さは素晴らしく一見の価値がある。

サウンドは原語・日本語吹き替え共にDTS-HD MA5.1chで収録。
極めてダイナミックで映像に負けない迫力。
飲み込まれる様な低音も素晴らしいが、細かな音の解像度が高い。
空間全体を使い、終末をバーチャル体感させる。

特典は充実。
HD画質でメイキング、もうひとつのエンディングなど多数収録。
別エンディングは更に微妙。
ブルーレイのみの特典としてマヤ暦 イントロダクション、PinP 、BD-LIVEも用意。何故2012年なのかと思っている方は、先にマヤ暦 イントロダクションをご覧になると良いかもしれない。
注目のアーティストであるアダム・ランバートのミュージックPVも収録。
また、本編のDVD版も同封している。
近い内にBD再生環境導入するという客層に向けて、BDとDVDをセットにし尚且つ価格を低く設定したことを高く評価したい。

セルBDソフトとしての総合的な満足度は非常に高い。
映像と音響を楽しむ為に、手元に置いておきたい一本。

画質:8.5
音質:9
内容:7

--------------------------------------

【感想 by MYRO】

少しおとなしめの発色と抑えめのコントラストだが精細感は十分にある。暗部が少しもやっとする感じなのが残念。多少不自然になっても良いのでメリハリが欲しかった。人物の肌色は自然な感じ。迫力のVFXシーンと実写が違和感なく融合し、あら探しをしても分からないほどのクオリティ。
劇場でも拝見した作品なのだが、Blu-ray版の方が数段綺麗になっていたと思う。(劇場では凄くノイジーな印象だった。)
 
音質だが、台詞は聴き取りやすくクリア、サラウンドはこれでもかというほどに良く周り、低音ウーファはなりっぱなしぐらいに感じるほど迫力だった。
サラウンド調整用にコレクションしておいても良いほどの秀逸な作り込みに感激。ラストに流れる主題歌の音質が少し硬かったぐらいが不満。
 
ジョン・キューザックの好演で家族愛を描きつつも、エメリッヒ監督の醍醐味であるVFXシーンが見どころ満載でシーン毎に何度も繰り返し見たくなる出来。
インデペンデンスデイ、デイアフタートゥモローのVFXと比べると別格と言えるほどに進化したCG。
ディザスター映画好きの人は絶対にはずせない1本。今回DVD本編とのセット販売なのだが、何より定価が今までのBlu-rayソフトより安価なのも嬉しい。大変お得な1本でした。

画質:7.5
音質:9
内容:8








Blu-ray 【 007 / 慰めの報酬 】

▼アウターケース表
Blu-ray_Quantum_Of_Solace -1

▼アウターケース裏
Blu-ray_Quantum_Of_Solace -2

▼パッケージ表 
Blu-ray_Quantum_Of_Solace -3

▼パッケージ裏
Blu-ray_Quantum_Of_Solace -4

▼ディスク面
Blu-ray_Quantum_Of_Solace -Disc



 2層(BD50)   コーデック:MPEG-4 AVC   シネスコ(2.40:1)

【音声】
①英  語 DTS-HDマスターオーディオ 5.1ch
②日本語 DTS 5.1ch (48kHz/768kbps)

【字幕】
日本語 ・英語

【内容】
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!1080p HDの超高画質ハイビジョン映像、ピュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ、本編を観ながら操作ができるポップアップ・メニュー

傷ついた心が、共鳴する。
シリーズ最大最高のアクション!
全世界で記録を塗りかえた最強スパイアクション最新作
初めて愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し、背後にいる組織の存在を知る。
早速捜査のためにハイチへと飛び、知り合った美女カミーユを通じて組織の幹部であるグリーンに接近。
環境関連会社のCEOを務める男だが、裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の支配を目論んでいるのだった。
ボンドは復讐心を胸に秘めながら、グリーンの計画阻止に動くが・・・。

シリーズ史上最大のスケールで描かれる陸海空の壮大なアクション!
ボンドガールは人気急上昇中のオルガ・キュリレンコ、主題歌にはアリシア・キーズを迎え、さらなる進化を遂げた本作。果たしてボンドに火をつけた復讐心は彼の<慰め>になるのか?そして復讐の見返りとして得られる<報酬>はあるのか―?


【収録時間】
本編:107分
特典:(High-Def) ミュージック・ビデオ ♪アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ、メイキング・オブ・「007/慰めの報酬」、撮影開始、メキシコ&パナマでの撮影、ボンド・ガール オルガ・キュリレンコ、監督 マーク・フォースター、ミュージック・ストーリー、プロダクション・レポート~ブログ映像集、劇場予告編①、劇場予告編②

【キャスト・監督 他 】
監 督:マーク・フォースター
製 作:マイケル・G・ウィルソン/バーバラ・ブロッコリ
出 演:ダニエル・クレイグ(小杉十郎太)、カミーユ:オルガ・キュリレンコ(佐古真弓)、ドミニク・グリーン:マチュー・アマルリック(家中 宏)、M:ジュディ・デンチ(此島愛子)
原 題:Quantum of Solace
製作年:2008年
発売日:2009/06/19

 (20世紀フォックス・エンターテイメント・ジャパン)



【 感想 by CHOBI 】
視聴後掲載致します

画質:―
音質:―
内容:―
--------------------------------------------------------
【 感想 by MYRO 】

高いコントラスト、鮮やかな発色に激しい動きのあるシーンの高い再現性と素晴らしい画質。
きめ細かい群衆のシーン、目が回るようなアクションは、まさにBlu-ray向きな作品である。

音質だが、迫力もあり台詞もやや硬いもののどっしり安定した高音質。
サラウンドも良く回る。
Blu-rayの新作も高画質、高音質に仕上げるのがこなれてきたなと実感。
クオリティは高い。

内容だが、個人的に007シリーズは大好きだが、今回の作品は007らしからぬ作品であったと思う。
ボンドガールの女性的な美の表現が乏しかった点、秘密道具がほとんど登場しない点、組織力を完全に無視しすぎている点。
楽しんで見れたが、これは007外伝「燃えよ!ボンド」のような作品である。
前作・カジノロワイヤルもボンドメインな現代版007であったが、今回、過去は全て捨てすぎた感が否めない。
ジェイソンボーン風に振り回すカメラワークは、007ファンの年配者には厳しい物があると思う。
次回作は同じ監督を使わないよう切に願いたい。
もう少し尺が長ければ完成度があがったかも。

画質:9
音質:9
内容:6.5




Blu-ray 【 1408号室 】

▼パッケージ表
Blu-ray 1408 -1 

▼パッケージ表(帯なし)
Blu-ray 1408-2

▼パッケージ裏
Blu-ray 1408 -3

▼ディスク面
Blu-ray 1408 Disc



 2層(BD)   コーデック:MPEG-4 AVC   シネスコ(2.39:1)

【音声】

①英  語ドルビーTrueHD 5.1ch
②日本語ドルビーTrueHD 5.1ch

【字幕】
日本語 ・日本語吹き替え用 

【内容】
『グリーンマイル』 『ミスト』を超えスティーヴン・キング映画史上No.1大ヒット!
チェックアウト不能のノンストップ・パニック・スリラー!
衝撃の別バージョンエンディングを3パターン収録!

呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てていた作家マイク(ジョン・キューザック)は、実は幽霊にも超常現象にも遭遇したことがなくその存在を全く信じていなかった。
趣味のサーフィンで溺れかけた日、マイクのもとにドルフィンホテルの葉書が届く。葉書には“1408号室に入るな”とだけ書かれていた。ドルフィンホテルの1408号室に宿泊した客は、みな謎の死を遂げているという事を知ったマイクはホテルに興味を持ち、真相を探るべくドルフィンホテルへ向かう。ホテルの支配人オリン(サミュエル・L・ジャクソン)は彼に忠告する。
「1408号室には近づいてはいけない」
ますます興味をかき立てられたマイクは、忠告を無視して1408号室に足を踏み入れる・・・・・・。

宿泊した56人の全員が死亡したという謎の部屋
NYドルフィンホテル『1408号室』
―この部屋で、いったい何が起こるのか?


【収録時間】
本 編:104分
特典映像:(70分)オリジナル劇場予告、日本版劇場予告、北米/日本TVスポット、『1408号室』の秘密、ジョン・キューザック in 1408号室、WEBフィーチャレット/『1408号室』の裏側、未公開映像(スタッフによる音声解説も収録)、別バージョンエンディング(3種)

【キャスト・監督 他 】
監 督:ミカエル・ハフストローム
原 作:スティーブン・キング
出 演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック
原 題:1408
製作年:2007年
発売日:2009/03/20

  (東 宝)

【感 想 by CHOBI 】
視聴後掲載致します
画質:―
音質:―
内容:―
----------------------------
【感 想 by MYRO】

やや黄色みがかった色調から、1408号室では青みがかったフィルム調の色調・画質へ。
フォーカスは少し甘め、ただサスペンスホラーとしては作風にマッチしていたと思う。
今年発売されたBlu-rayソフトの中では並の画質にあたると思う。(悪いわけではない)

音質面は、台詞はやや尖った音質だが紛れもないロスレス音声の質は保っている。
効果音は素晴らしく、作品の中で上手に使っているのをロスレス音声の迫力で見事に再現。
今作品には音で何度も何度も驚かされた。

内容だが、大好きなスティーブン・キング作品を上手に描いてくれた事に感謝。
構えていなかった分、怖くて何度も跳び上がってしまった。
摩訶不思議な世界観とすさまじい恐怖の入り交じるこの作品を、全てのホラーファンに見て頂きたいかも。
お値段以上に驚き、怖かった事に大満足でした。

画質:7.5
音質:8
内容:8




RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

お帰りの際にクリックお願いします

当サイト内検索

ごあいさつ

次世代光ディスク Blu-ray Disc(ブルーレイ・通称BD)。 未体験の超高画質ハイビジョン映像、迫力のサウンド。
お手に取る際の参考までに。

視聴機器・環境や趣向で印象が変わりますので、あくまで個人的な感想です。
画像は、スキャンしトリミングしたものです。画像の二次使用厳禁。

CHOBI

Author:CHOBI
現在の紹介BDソフトは 369 タイトルです。

▼現在の視聴環境

【評価人① CHOBI】

LVP-HC5500(1080p)
80 inch Screen
&
Panasonic VIERA TH-P46VT2

PS3(120G)&BDZ-AX1000
SONY TA-DA5400ES
YAMAHA+ONKYO 7.1ch
----------------
【評価人② MYRO】

VPL-HS60(720p)

VPL-VW85(2010/10月分~)

100 inch Screen

BDZ-X90
SONY TA-DA5400ES
JBL+YAMAHA 6.2ch



▼リンクフリーですが、コメントでご一報いただけると幸いです。

― 管理人 CHOBI ―

カテゴリー

カテゴリー2

全記事表示

リンク

相互リンク

月別アーカイブ

Amazonで探す

Amazonで購入

Amazon(日本)輸入盤BD

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。